2007年09月10日

とっちゃんぼっちゃんのシソ

シソ1

真上からみるとこんな感じ。

シソ2

横から見るとこんな感じです。
つまり背がとっても低い割にはオトナのシソなんです。なので「とっちゃんぼっちゃん」のシソ。こういうのを「とうがたった」(“塔が建った”ではありません)というのでしょうか?

短い茎に幾つもの脇芽がチビチビ生えているのが見えるでしょうか?本来ならこの脇芽がそれぞれに伸びて枝を茂らせていくのでしょうか?でもこのシソ、何が足らないのか(たぶん栄養とそれなりの広さの土壌)、枝葉を広げることもなく、さらには幹を上に伸ばすこともなくそのままオトナになりました。(葉っぱの大きさを見て下さい。通常に育ったシソの葉っぱと同じくらいの大きさです)

シソの葉は好きなので、そのうちこの大きな葉っぱ二つを使って和風ハンバーグか肉巻き料理を作ってみようかと思います。
posted by ながらん at 13:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

その後の白コリさん

白コリさん正面

1週間前から白コリさんはこちらに引っ越しています。サカサナマズの45センチ水槽です。

フグ子さんによるヒレ齧りも激しさを増し、とうとう背びれは見る陰も無く短くなってしまいました。ついでに尾びれも・・・。このままでは白コリさんはストレスで★になってしまうかもしれません。見るに見兼ねてついに、お引っ越しを敢行!しかし、しかしです。新しい引っ越し先には乱暴者のカラーブラックテトラがいるのでした。実はこのテトラちゃんのお陰で、今までお引っ越しを渋っていたのでありました!

・・・引っ越し後1週間経過・・・・上の写真↑のように仲良く並んでなんら問題無しのようであります。お引っ越し当日は新参者の白コリさんに興味を示し、テトラちゃんは前や後ろ、左や右から散々眺め回していましたが、人畜無害とわかるやいな「我関せず」とばかりに放置状態です。
白コリさんの方はというと、引っ越し当日からテトラちゃんにはまったく感心がなくゴーイングマイウェイ。底砂をほじくってひたすらエサ探しにいそしんでいました。

ブラックカラーテトラ

ところでこのテトラちゃん↑は「カラーブラックテトラ」という魚なのですね。でもどこか変でしょ?だって「ピンク」なんですから!

私もショップで見た時は随分「変!!!」と思いました。
実はオリジナルは「ブラックテトラ」といい、確かに胴の部分に太い縦の黒線が入っています。おそらくこれが名前の由来のようです。
しかし!人間と言うモノは強欲で、もっとカラフルにすればもっと売れるのでは!?と考えついたのですね。なのでこのテトラちゃんにピンクやブルーの色素を注入して色付けしたのです。うまい具合にシースルーな体だし。
ちょうど夜店のカラーひよこと同じ原理です。だけどその内色素はとれます。カラーヒヨコが成長するとともに色素が落ちて、「普通の」ニワトリになってがっかりするのとおなじ失望感を味わうことになるでしょう。購入後2ヵ月、いまのところウチのテトラちゃんはまだピンクですが・・・

なんでこの子がフグ子さん他お友達もいる25センチキューブ水槽にいないのか!?というと、つまりは、この子はちょっと乱暴者だったのです。25センチ水槽の平和を掻き乱してくれたので、仕方なくサカサナマズと同居させることにしました。
同居初日、案の定テトラちゃんはサカサナマズ4匹に向かっていきました。でも結局自分よりデカイナマズ君達はテトラちゃんの執拗なちょっかいにもビクともせず・・・っていうかまるで無関心なのでいざこざにもならず、そのうちテトラちゃんも諦めるわで、休戦協定が結ばれ45センチ水槽内になんら問題は起きませんでした。
そこへ白コリさんがやってきたのですが、この白コリさんもナマズ君同様、我関せずの人だったので、水槽内の平和はいたって維持され続けています。

さてさて今後この水槽は平和を保ち続ける事ができるでしょうか・・・・?実は1ヵ月後、ブラックファントムテトラをお引っ越しさせる計画が持ち上がっているのですが・・・・
posted by ながらん at 10:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

観葉植物で水栽培

100円ショップで売られている観葉植物を土で育てるのではなく、お気に入りのマグカップやガラスの空き瓶にいれて水栽培してみようと思い立ちました。
そこで、どちらかというと適度な湿気と日陰な環境を好む植物が向くと思い、『クワズイモ』と『シンゴニウム』を選びました。実際にはどちらとも陽当たりの良い場所で育てるようです。

クワズイモ

これ↑は『クワズイモ』。「喰えないイモ」の意味でしょうか?サトイモ科の植物というだけあって、枝葉の元になるイモ部分を見るととってもそれらしいです。食用のサトイモもそうですが、本来は雨の日の傘代わりにもなりそうなほどに大きく育つようです。なのでこの空き瓶がいっぱいいっぱいになれば大きな鉢に移してやろうと思います。
白い花弁(?)に濃いオレンジ色の実(?)のようなものが実ります。
コーヒーの空き瓶に入れてみました。

シンゴニウム

これは↑『シンゴウム』という植物です。どことなく似たような雰囲気だなあ・・・と思っていたらやはりこれもサトイモの仲間でした。わが家のシンゴニウムは緑の葉っぱが根元からにょきにょきと生えて来ますが、ネットで調べてみると、本来は白い斑入りの葉っぱになるのだそうです。
ラスベガスで買った大きめのマグカップに入れてみました。このカップのイラストはお気に入りです。

この水栽培に使ったハドロボール(粘土をこねて粒状にして高温で焼いた人工の軽石。)は100円ショップで手に入ります。お気に入りの容器に先ずゼオライトを敷き、その上に植物を入れハイドロボールで埋めます。最後に水を注いでできあがり。
水栽培に適している植物は元々水辺で繁殖するもの、また生命力の強いものが望ましいようです。

ガーデニング初心者の私に上記↑のワザを教えてくれたのは『100円グッズでとことんたのしむプチ・ガーデニグ』という本です。ほかにも100円商品でおしゃれにガーデニングを楽しむワザが載ってますので、興味のある方はご覧下さい。(本格的にガーデニングを楽しむのにはすこし物足りないですが、お手軽さは『買い』です)
posted by ながらん at 15:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

枝豆の収穫

枝豆収穫

わが家で収穫枝豆です。
プランター鉢二つ分、合計4本にできた枝豆です。
ご覧の通り収穫量はとても少ない・・・

豆のさやが実る頃成長点を摘み取ると、あちこちから脇芽が出て来て枝となりやがてはその枝にたくさんのまめさやを付けるのだそうです。これが1つの枝豆からできるだけたくさん収穫する方法。だけど私はめんどうだったのでそのまま成長点をほったらかし。そしてこれがその結果です。
でもそれなりにぶっくりと太った豆ができたので『良』としています。
それにしても、店頭に並んでいる枝豆は豆3つのさやなのにどうしてウチは豆2つのしかできないのであろうか?

写真のものは収穫して数日放置していたので、さやが黒いものもあります。でも腐っているわけではありません。
よおっくみるとちゃんと毛も生えています。いつもみかける『枝豆』です。

塩茹でにして食べようかと思いましたが、収穫量が少ないので『種』枝豆にして、来年こそはたくさんの収穫を期待しようと思います。
posted by ながらん at 12:13| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ももちゃん怒られる

モモカゴの中

今朝の事です。

外のスズメ達の声に反応したインコのももちゃん、自分の存在を知らせているのか『ギャーギャー、キーキー』鳴き叫びます。
小桜インコの声はキンキンと響く金属音で、耳の奥まで突き刺すように響きます。そのためご近所迷惑になるのではと鳴くたびにヒヤヒヤもの!でも当のももちゃんはそんな飼い主の心の内を知るはずも無く、空を自由に飛び回るスズメ達に呼応して金切り声をあげ続けます。おまけに、カゴの中を所狭しと飛び回る!

単に鳴いているだけならまだしも、ガタガタと金網を揺らして暴れ回られてはたまりません。とうとう私の堪忍袋の緒は切れて、ももちゃんを怒鳴りつけました。正に頭の上から吐き捨てるように怒鳴ったのです。

「お前みたいなうるさいインコはどっかに行ってしまえ!もう世話もしたくない。ハムスターの方がなんぼかよかった。このバカインコめ!」

するとピタっと騒ぎが止まりました。偶然なのかどうなのか兎に角急に静かになったのです。
ああ、やれやれこれでひとまず治まった。私は安堵しました。

それから小一時間。さて、ももちゃんは如何に?
カゴを振り返ってみるとももちゃんは後ろ向きでした。いつもなら私の方を向いて止まり木にとまっているのに、この時は私に背を向けていました。しかもなんだかうなだれているようにも見えます。
気になってももちゃんの側まで行くと、彼女はカゴの床を見つめていました。「ももちゃん。ももちゃん」と声をかけてみても反応せず、だまって床を見続けていました。哀しそうに見えました。

ひょっとして凹んでる????

なぜ怒られたのかは理解できないのでしょうが、張り詰めた空気は感じ取れたのでしょう。とにかく小さくなって気配を殺しています。このまま放っておくと築きつつある信頼関係が崩れていって、ただただイジケたインコになってしまいます。
早速普段の声で声かけしました。

「ももちゃん、ゴメンね。私はももちゃんのためにあれこれ工夫をしているつもりなのだけど、ももちゃんは全然気を使ってくれないでしょ。好き勝手ばかりしてる。この先一緒に暮らすのだから、ももちゃんも少しは私の事も考えてね。」

ももちゃんはすまなそうな目で見上げました。
この時始めてももちゃんとなんとなく心が通じたような気がしました。
インコと人間なのですが・・・

そして数時間後。写真が今のももちゃんです。もうすっかり元通りです。ちゃんと写真も撮らせてくれましたし・・・。
あらためて思います。ももちゃんは可愛い!(ちょっとブレてますが・・・)
posted by ながらん at 15:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

モモちゃんです!

モモちゃん

あたらしくわが家の一員になったインコの「モモちゃん」です。
逆光になって少し羽の色がわかりにくいですが、顔はサーモンピンク、体は緑が基調で、おっぽがスカイブルーのカラフルバードです。

ショップの店員さんはモモちゃんを「ルリコシボタンインコ」だといいましたが、私が本を見る限りでは、「コザクラインコ」ではないかとおもいます。
もし私のカンが当たっていたら、ショップは1000円損をしたことになるのだけど・・・・(本当の所はどうなのかな?)

ウチはベランダにスズメが砂浴びにやってきます。
チュンチュン楽しそうにさえずるのですが、その声が聞こえるやいなモモちゃんも「キュルルルル・・・。キョロロ」などと鳴いています。きっと「私はここよ!遊びに来て!」と言っているのでしょうね。

写真は魚の水槽のフチにとまっているところ。
ブリ・・・とウンチを水槽の中に落としました。そのウンチを水槽の中のカラーブラックテトラが食べる・・・・。自然の恵みにムダはない。

ともあれ、モモちゃんと早く仲良しになることを期待して止まない飼い主ながらでありました。
posted by ながらん at 09:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

誰もが暑い一日

セミ01

昨日ブログを書いて数時間後、うわさのアブラゼミがまたベランダに迷い込んできました。『ジジジ・・・・』と音がする方を探してみると、アブラゼミはベランダの排水用の溝にうずくまっていました。そこは小さい陰になっていて、朝、野菜達にあげた水が蒸発せずに残っていたのです。アブラゼミはそこに『涼』を求めてやって来たのか!?

今回は撮影に成功しました。・・・といっても故意に観葉植物につかまらせているのですが。アブラゼミは直射日光が当たって居心地悪いのかウロウロしています。もちろん、このあと観葉植物ごと日陰に移してあげましたが。ちょっと撮影に協力してもらってありがとサン。

セミ02

ところで私は釜に張り付いたごはんを捨てずにスズメ達に『おやつ』として提供しています。なのでその時間になるとどこからともなくスズメが集まって来るのですが、昨日のスズメ達は皆そろってくちばしを半開きにしてベランダの手すりにとまっていました。

暑いんです。

鳥は体温調節を口でするらしくて、暑くなるとイヌ同様、口を開けます。ハアハアしてるわけですよ。

暑くてエサを探すどころじゃないのかもしれません。ごはんそのものがなくなってもしばらくどこへもいかずにたむろしています。なんせウチのベランダ、一番陽射しのきつい午後1時から3時ごろは、ラッキーなことに全体が日陰になって直射日光を免れるのです。
それを狙ってくるのか、訪れるスズメの中にはベランダで日光消毒兼ねて乾かしている野菜の培養土で砂浴びしていく者が何羽かいます。

ウチのベランダ、小動物達のちょっとしたリゾート施設ですね。続きを読む
posted by ながらん at 12:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

バジルとセミの関係

バジル

わが家のバジルです。

昨日の朝、『ジジジジ・・・』と音がしたので何だ?とベランダに出てみれば大きなアブラゼミがいました。しかもバジルの葉っぱにとまっています。
彼はバジルの葉っぱで休憩しているのか、それもとバジルの葉っぱの汁を吸っているのか?
(今から思えばそのセミの写真を撮っておけばよかったと思います。でもその時ってそんなこと微塵にも思い付かなかったんだよねえ。絶好のシャッターチャンスだったのに)

そう言えば何日か前にもアブラゼミが飛んで来てたよなあ・・・
その時はどこにいるのか確認しなかったのだけど、ひょっとしたらバジルの葉っぱにひっついていたのかも・・・・?

だけどセミってふつう樹液を吸うよねえ。それがなんでバジルなんだ?

ところでこのバジル、生春巻きのネタにするととても美味しいらしいので、今度つくってみようかと思います。たくさん脇芽も出てるしね。(・・・というような内容の記事を以前にも書いたような気がする。コリアンダーの記事だったか?)
posted by ながらん at 09:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

バコパの花

バコパの花

ウォーターバコパの花がこの頃になってポツポツと咲き始めました。
大体夕方頃に、一日1つのペースで咲きます。
きれいな青紫色です。
小さい花だときいていましたが、思っていた程ではなかったです。

写真は今朝撮影したもの。
ちょっぴり萎れています・・・
posted by ながらん at 10:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ホテイアオイ

ホテイアオイ

7月の終頃ホテイアオイを3株買いました。
爆殖した浮き草を全て除去して、なんとなく間の抜けた睡蓮鉢にアクセントが欲しかったからです。

その当時、睡蓮鉢はなぜか白濁していました。
もともとは底の土のデコボコまで綺麗に見える程透き通った水だったのですが、ある日を境にどんどん白濁していったのです。

白濁が激しくなってからと言うもの、メダカにエサを与えるのを控えるようになりました。だからエサを余らせて水を汚すことはなさそうです。また、こっそり★になって水草の陰で腐っているような魚もエビも見当たりません(・・・見つけられないだけかも・・・)。ビオトープで水換えっていうのも変ですがでも試しにやってみました。全然効果なし。どうして白濁してしまったのでしょう。諦めの境地でした。

・・・ホテイアオイを投入して半月。

つい最近気が付いたのですが、なんだか水が透き通っています。元々そうであったように、底の土のでこぼこまで見えるようになっています。ホテイアオイのお陰でしょうか?聞くところによると、ホテイアオイには浄化作用があるそうですが・・・。

もしこれが本当なら熱帯魚の水槽も綺麗にろ過(!?)してくれるのでしょうか?とりあえずは2株投入してみました。始めの3株の内の一株がランナーをだして子株を二つ作ったので、その株を投入したのです。

これでしばらく綺麗な水を保つ事ができたなら、多少なりともろ材の節約になるはずです。うまくいって欲しいなあ。
ヒゲ根がモサモサ水面から垂れ下がっている見栄えは若干・・・というかかなり見苦しいものがあるけど・・・。でもミナミヌマエビはお陰で喜々としているようにみえます。フグ子さんもヒゲ根には興味津々の様子。良しとするか。
posted by ながらん at 11:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。