2007年09月28日

バコパの季節?

バコパの花

このごろウォーターバコパの花がポツポツ咲くようになりました。花の季節でしょうか?
写真はウチのビオの睡蓮鉢ですが、睡蓮鉢とは名ばかりで、睡蓮の肩身は狭く、代わってホテイ草とバコパがグングン繁殖しています。

バコパは花を咲かせてくれたけど、ホテイ草は結局何も咲かせずに今年は枯れて終わってしまいそう・・・。

ウォーターヒヤシンスの英名に違わぬヒヤシンスに似た青紫の花を期待していただけにちょっとがっかりです。
posted by ながらん at 12:27| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

チンゲンのスプラウト整列!

チンゲンスプラウト

チンゲンサイの芽が綺麗に、整然と並んでいます。

ちょっとお金をかけて、栄養分たっぷり、保水力の高い、いわゆるフカフカの土を買いました。
加えて、本に書いてある通り、ほんとにこれが初めてだけど、マトモに本に書いてある通りに種を蒔き、そして蓋をして土の中の水分の蒸発を防ぎ、うすぐらい状態で発芽を待ちました。
そしたら、なんと2日後には発芽が始まりました。今までは、早くても一週間待たなければならなかったのにね。まあ、本に書いてある通りにやらなかったのも原因のひとつですが・・・

本に書いてあったことを実践したことがよかったのか、培養土がよかったのか、驚きの発芽力です。
このまますくすくと育ってくれてりっぱなチンゲンサイになってくれると尚一層本と土の有難味を実感するのですが・・・
posted by ながらん at 13:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

四季なりいちご

四季なりいちご

先日、花屋さんでイチゴの苗を買って来ました。『四季なりイチゴ』というのだそうです。
イチゴって春から初夏にかけて食べるものだと思っていたのだけど、野菜の本によると、真夏と真冬以外いつでも食することができるのだそうです。(そりゃあそうだな。だって春から初夏にかけてしかイチゴが食べられないのだとしたら、例えばクリスマス時のケーキは冷凍イチゴケーキになってしまうもんなあ・・・)

10月頃に苗が出始めるのだそうですが、この花屋さん、8月の半ばにはもう店頭においてありました。今年の夏はいずれの年にも増しての強烈な猛暑!さすがに買うのはためらわれました。
そして9月。多少なりとも朝夕が涼しくなった今日この頃、それではと苗を買ってプランターに植えてみる事なりました。

買ったその時から、すでに小さな実がなっていたのですが、パチンコ玉くらいの大きさですでに熟してしまっていたので、切り取りました。後に実る「ちゃんとした」イチゴに養分を回すためです。

イチゴはランナー(走りツル)を出して増えるのだそうで、今はひと株だけですが、あっというまに沢山に増えるのだそうです。
その増える時を楽しみにして、そしてたくさんのイチゴが実るのを楽しみにして、水やりするながらでした。
posted by ながらん at 09:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

ちょびのエサ

ハムフード

ハムスターのちょびのごはんであります。ペレットの他に、ヒマワリ等の種子類、雑穀類、乾燥野菜などがはいっていて、まあ、栄養バランスのきちっとしたごはんだと思います。

ところで栄養面はさておいて・・・

写真を拡大してごらんいただくとわかるのですが、この中にピーナッツとか、ムギチョゴのチョコのかかっていないのとかあるんです。この前なんかはアーモンドとかくるみなんかをみつけてしまいました。

これって私のおやつにもなるじゃん・・・。

っていうか、人間の非常食にも使えるものばかり!乾燥野菜はニンジンや青物で、乾燥ニンジンを水に浸けて数時間、輪切りのニンジンに戻りました。他、茹でたコーンの潰したのなんかもあります。

フト思いました。
明日の食べ物にも事欠くようなところの人々が見たらどう思うだろうか・・・・と。

ニッポンのペットはゼイタクじゃ!
posted by ながらん at 16:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

デブです。

わが家には黒コリさんが2匹いますが、その2匹共が『デブ』です。お腹がポッコリ出ていて、人間でいうならメタボのオヤジです。(チョロチョロ動くのでかなりブレてます↓)

デブコリ01

お腹の辺りがポッコリしてみえませんか?(これもやっぱりブレてます↓。上の写真とは別の個体です。)

デブコリ02

やっぱりポッコリしているでしょ!?

ショップから連れて帰った時は小さくて、2センチにも及びませんでした。もちろんデブではありませんでした。毎日水槽の中を餌を探してチョロチョロ泳ぐ姿がとても愛らしい黒コリ達でした。
それがある日フト気付いた時、2匹共々5センチは裕に超え、お腹回りにたっぷり貫禄が付きいまや25センチ水槽の主になっています。(この頃フグ子さんフグ夫さん夫婦は押されぎみ)
それもそのはず、与えた餌の大半はこの2匹がすかさず食べてしまいます。草の間にはさまったどんなちいさなアカムシでもすかさずすすり取ってしまいます。もう、ゲップが出る程食べまくります。デブにならないはずがない・・・(もっと餌控えめにやろう・・・)

normal cori

それにひきかえ、隣の40センチ水槽の白コリさんは、スラリとしたみごとはスタイル。コリドラスってやっぱりこの形がノーマルかと思われます。(この人はのーんびり屋さんなので水槽の底に佇んだまま・・・。綺麗に撮れました)

黒コリさん達を上からみると正に『ナマズ』か『ドンコ』っていうヤツなのでした。
posted by ながらん at 11:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

寝相その2

ちょび寝相

今回もまたちょびの寝相であります。

やっぱり暑いのでしょうか、溶けています。時にお腹を天井に向けて大の字になっている事があります。まさに無防備状態。外敵がやってくるでもなく、食べ物を探す苦労をするでもなく、遊び道具満載の快適三昧なペット生活。嗚呼ゴクラク、ゴクラク。世は満足じゃ♪
そんなちょびの寝相をみると飼い主の私はついそのお腹をチョイチョイとつついてやりたくなる、やりたくなる!
どんな顔をするだろうか?しかめっつらして『ジジ。ジジ』と威嚇の声をあげるだろうか?
フン!誰のお陰でゴクラク生活ができてると思ってるんだい!?

ちょびの野宿生活は1週間目を向かえました。新築木造住宅は今や『便所』になりました。
posted by ながらん at 16:31| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

寝相

チョビ

えーーーーっと、この人は今週火曜日からわが家の住人になったゴールデンハムスターの『ちょび』であります。

このちょびのために、文鳥用の広々とした木造平家建て、2部屋間取りの新築住宅を買い与えたのでありますが、居住したのは1晩だけ、只今現在はこの新築住宅の裏に野宿しています。ホームレス状態です。

新築住宅独特の匂いが気に入らなかったのでしょうか?
季節がらまだまだ新築住宅は通気がわるく、蒸すのでしょうか?

ともかくも、お気に入りの食べ物を山と足元に貯め、極楽気分で就寝中のようであります。

物陰の薄暗さと、床材を全部とっぱらったむき出しのガラス面(水槽で飼ってます)のヒンヤリ感が心地いいのでしょうね。
9月にはなったもののまだまだ暑いですから・・・
posted by ながらん at 10:22| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

幸せの葉っぱ、その後・・・

幸福の芽

上↑は100円ショップで買った「幸せの葉っぱ」という商品です。正しくは「セイロンベンケイソウ」といってアフリカのマダガスカルが原産の植物なのだそうです。とても生命力が強くて、写真の通り、葉っぱを水に浸しておくとやがて根が生え、そして芽が出て来る程なのであります。

この写真は8月の頭頃ですが、その後、水に浸りっぱなしの本体の葉っぱの方はやがて腐り始め、これでは『母子』共々ダメになってしまう、ということで芽だけ土に植え代えました。

トマトの缶詰めの空き缶を利用した植木鉢で育てる事1ヵ月・・・

セイロンベンケイソウ

小さな小さな葉っぱですが、それでも幹から湧き出て来ているのがみえるでしょうか?1ヵ月でこの程度だから、もしかして成長が遅い?

ま、兎に角冬はウチの中にいれて寒さ対策をして育てると1.5メートルくらいにはなるのだそうです。さてさてがんばりましょう!
posted by ながらん at 10:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ずっと前から。でも今日が初めて。

サカサナマズ

ウチのサカサナマズ、「サカヤン1号」です。サカヤンは4号までいます。つまりサカサナマズを4匹飼っているってことです。

サカサナマズはもうかれこれウチに2ヵ月くらいはいます。でも夜行性の魚で、昼間泳ぐ姿をなかなか拝めない事、・・・っていうか、エサを食べる時以外は流木にひっついて離れないと言う事、そしてその体の模様が流木にそっくりでどこにいるのか見分けが付かない事でいままで写真におさめる事ができませんでした。・・・・あ、ついでにウチのデジカメは一眼レフとかなんとかの高級なのじゃなくてバカチョンなんで、ちょっとでも被写体が動くとブレブレの写真になってしまうのでした。(つまりシャッタースピードの調整ができないわけですね)

そんなサカヤン1号、たまたま今日は朝からひらひら水槽内をおよいでくれていました。相変わらず流木に引っ付いていますが、それでも容姿を確認できる位置にいてくれたのでチャンス到来!シャッターを切ったわけです。

このサカサナマズ、重力に逆らった泳ぎ方をする魚で、背泳ぎが得意。水面の餌は背泳ぎで、底の餌は普通の泳ぎ方で食べるという変わり者なのであります。ヒゲの生え方といい、体色といい、どことなく泳ぐ「ゴキブリ」を連想させるところがご愛嬌(!?)です。
posted by ながらん at 12:43| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

お金の計算

お金

毎月末は、その月の売り上げを計算し、赤字だの黒字だので顔が蒼くなったり、喜色満面になったりします。(大概は蒼い顔になる)いわゆるチョーボ付けってヤツです。フリーランスで活動する人の必須業務。

フリーランスってつまりは個人事業主の事で、これも立派な「事業」であるからには、やはりチョーボ付けは必要なのです。半分は当然自分のためであるけれど、もう半分は申告時になるべく沢山還付金が戻って来るよう、ゼームショに言い訳するためのものでもあったりするのです。

やらなきゃやらないでいいのかもしれないのだけど、そうやって一年間放置プレーしてしまうと、申告の時期になって大慌て、且つ大混乱してしまうので、イヤでも毎月少しづつやっておくのが無難で・・・

でも私はどういうわけか生来「数字」にはめっぽう弱く、小学生の時なんか算数は「1」に近い「2」を担任から「いただいた」上に両親からも大目玉をもらいました。

税務署が紹介してくれた会計士さんのところに、チョーボの付け方を習いにも行きました。当時はMACを持っていなかったので、正に、帳尻が合うまで何度も何度も計算し直したものです。お陰でトラウマとなり、月末がキョーフでした。チョーボ付け大嫌いが増々加速しました。

で、先月末。チョーボの日。領収書をペタペタノートに糊付けしたまではよかったのですが、それから先の計算がどーしてもできない!明日明日に先延ばししていたらとうとう9月も第一週を過ぎてしまいました。

明日こそは!・・・・必ずチョーボを付けます。どうせ対した金額じゃないのだからすぐに終わるヨ!
posted by ながらん at 14:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。