2008年04月09日

冷蔵庫が壊れる!

昨日冷蔵庫が壊れました!
なんとかれこれ20年近くお世話になった冷蔵庫です。

昨日、やたらとガタガタ音が鳴るなあ・・・と思っていたら、
ガラガラガラと何やら物音が!
なんだろう?とは思ったけど、そのまま放っておきました。

そして夕方、魚達に冷凍アカムシのゴハンをあげようと冷凍室をあけるやいなガラガラガラとばかりに氷の固まりがおちてくるではありませんか!あのガラガラ音はこの氷が室内に落ちた音、あのガタガタは冷蔵庫の断末魔の声(!?)だったのです!

この冷蔵庫は旧式でしかも安価なモノなので、霜取りは人力でしなくちゃならないのですが、めんどうなのでそのままにしておいたら、狭い室内の天井から床までびっしり霜がこびりつき、もはや南極状態になっていました。

一体なぜ?
と・・・気がつくと室内が全然冷たくない!
ちなみにと今度は冷蔵室の方に手を突っ込んでみると、ここも全然つめたくない。
・・・・って事は・・・・
この冷蔵庫はとうとうオタブツになってしまったってコト!

夏でなくてよかった!

とは言えしまっておいたブタ肉は早く食べなきゃ!
サンマの開きもさっさと焼いてしまおう!
牛乳はもう腐ったかも・・・
卵は大丈夫か?

いやいやそんなことより、新しい冷蔵庫が即刻必要です!
嗚呼思いもかけない突然の出費!これはかなりイタイ!

これからしばらくの間意味もなく無愛想になる予感のわたし・・・
posted by ながらん at 20:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

Skypeでお試し通話してみる

SkypeのHPによると、ダンウロードしたばかりの時は、その便利さを実感してもらうために無料のお試し通話ができる!としてありました。

ほんとかな!?・・・とおもいつつもまずは試してみることに・・・

ユーザーリストの一番したの電話のアイコンをクリックすると、プッシュフォンのダイアル画像のウィンドウが出てきます。
次に「国・地域を選択」のプルダウンメニューを押してこれから電話をかける国を探します。私は母親に電話をかけようと思うので、「日本」を選びます。国際電話識別番号81ですね。
それからあとは普通に市外局番を入力して、ウィンドウ下の受話器のアイコンを押します。プルプル♪の後、聞き慣れた電話の呼び鈴が鳴ります。どうやら「本気」で固定電話につながっているようです・・・。

「はい」

ウチの母親が出ました。イギリスのテスト通話のオペレーターではなさそうです。(もしそうなら日本語は話せない・・・)

iMacの場合マイクは内蔵なのでかなり近寄って話さないと、声が遠くから聴こえるようです。(・・・っていうかウチの母親の耳が遠いだけか?)

・・・でウダウダ世間話をしていると突然ブチっ!と電話が切れました。通話ウィンドウをみるとお試し通話が終了とのこと。その間たった5分!
HPによると30日間はお試し通話できるとかなんとかあったような・・・・気がするのだけど・・・・
posted by ながらん at 10:09| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

Skypeをつかってみる

Skypeを始める前に、ユーザーネームとかパスワードを登録、他に個人情報(プロフィールとして使います。後で変更可能)なんかを入力します。これらが全部終わったら、とりあえずは通話の準備が整いました。

コンタクトリストのウィンドウがでてきます。
ここにコンタクトしたい人を保存していくのですが、はじめてなので誰もいません。でも一つだけ誰がコンタクトしてもOKなユーザーがあります。つまりSkypeのテスト通話用のユーザーです。さっそくそのアイコンをクリックするとテスト通話のユーザーにつながりました。これってイギリスにつながっているようです。(ユーザーをイメージ化した「マイピクチャー」の下に「イギリス」の表示が)呼び鈴が2〜3回なった後に英語の音声がながれます。

「Skypeに通話いただきありがとうございます。ピーっと鳴ったらメッセージをどうぞ。録音されたメッセージはあとで聴くことができます」

ということなので、ピーの後に「通話のテストです。・・・・(もちろん日本語で)」とかなんとかしゃべってみました。しばらくして後、今自分が録音した声がMacのスピーカーから聴こえてきました。変な声・・・・(スピーカーが悪いのではなくて、自分の声そのものが変なのです)
なるほど・・・こういう仕組みか!

じゃあ、今度はSkypeを使って実際に誰かに電話をかけてみることにしました。トライアルとして無料通話できるそうなので・・・

(また明日)
posted by ながらん at 20:18| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

SkypeをMacにインストしてみる

格安の通話料で国内はもちろん国際電話もかけられるという「Skyp」、これをやっとのことでインストできる環境にもってくることができました。

つまりは、いままではMac(ちなみにG4)がクラシック環境だったので、まったく使い物のならなかったのですが、新しくヤフオクでG5を競り落とし、それに10.3.9Pantherがインストされてあったのを機会に、ちょっとがんばってみることにしたのです。

・・・・が、何度立ち上げようとしてみても立ち上がりません。そのそぶりだけはみせるのですが、ダメです。インストの仕方がわるかったのかな?と思って何度もインストをやり直してみたのですが、問題は解決できません。
SafariからのDLがマズイのかも・・・・。そう思って今度はFirefoxからDLですがこれも違うようです。
さあ、一体何が悪いのか?やっぱり根本的に10.3.9ではダメなのでしょうか?

ネットでいろいろ調べてみました。するとどうやら同じ環境下で、同じような状況に陥っている人がいるようです。その人も救いを求めて質問しているのですが、その答えを読む限り使える回答はありませんでした。

で、さらにキーワードを変えて検索し続けると、おお!これぞまさしくMacユーザーにピッタリ!欲しかった情報満載のブログを発見しました。それによるとSkypeが立ち上がらないのは・・・・

Quick Timeが古かったせいらしいのです。

で調べてみると、入っているのはなんとQTの6でした!どうやらこいつが原因のすべてのようです。さっそくAppleのサイトに飛んで、最新のQT7.4.1をDLしました。そして再びSkypeのアイコンをダブルクリック・・・・
さてどうなるか・・・・。

じゃ〜ん。立ち上がってくれました。やっとのことでログイン画面を拝むことができました。
やれやれお疲れさまの一日でした。
posted by ながらん at 08:08| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

本を出版するということ・・・

ガジュマル復活

今とある書籍のカット画を描いています。・・・・っていうか、もう手が離れているので描いて「いました!」になるのか!?

・・・っていうのもですね、トラブル続きでなかなか終わりそうにないからなのでして。っといっても、商業出版の書籍ですからきちんと発売日がありまして、それはきちんと守らなければならない。だからみんな青ざめていたりするのですが・・・

今回のことで、よくよく書籍を一冊世に送りだす事の大変さを知りました。1つのトラブルが解決したら、直ぐその後で、別のトラブルが発生!しかも、その原因が全くわからないと来た日にはもう泣きたくなる程で。でもぼんやりするわけにも行かず、かといって何をすればいいかわからず。時間はどんどん発売日へと流れていく・・・・。

編集さんはホント、ご苦労さんです。
私なんかは、まだ、自分の守備範囲だけでウロウロしてればいいだけですが、編集さんは皆を統括しているので、問題は即時解決していかなければならない。しかもその横で、別の仕事が重なって来る。
ほんと胃の痛い思いをするのです。よく爆発せずに耐えていられるものだと感心さえします。頭が下がります。

昔、編集さんに憧れてみた事がありますが、今はいいです。
漫画か映画かテレビドラマで眺めているくらいに止めておきます。


-----------上の写真について---------
上の写真はガジュマルの写真です。100円ショップで買って来たものです。一度世話に失敗して、幹がシワシワになり、葉っぱも全部落ちてしまい、後は枯れて死ぬのを待つばかりの状態にまでしてしまいました。
もうダメだ。捨ててしまおう。と思いました。

でも・・・・!
いやちょっと待て!
復活のチャンスを下さい。

家の中の陽当たりのいいところに置いて、たっぷり水を与え、そしてここが一番重要なのですが、
「がんばれ!葉っぱを出せ!」
と声を掛けて来ました。

そしたら枯れ枝から葉っぱの新芽が!そしてみるみる幹にハリがでてきてパリっとしてきたではありませんかっ!
そして数カ月・・・・
写真のようにまで回復しました。ガジュマルらしい深いツヤツヤの緑の葉っぱを増やしています。頑張りました。よかった・・・

posted by ながらん at 12:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

マッサージの効果

サロンパスとクマ

私の好きな漫画のひとつに安野モヨコさんの「働きマン」があります。
主人公は週刊誌の女性編集者松方弘子。彼女はいわゆる「バリキャリ」で文字通りバリバリ、ザクザクと仕事をこなしていきます。

そんな彼女の唯一の癒しはマッサージ(エステ)に通う事。仕事もプライベートの人間関係も、なにもかも忘れて、エステシャンの指先に身体をまかせます。

ところで!
私は到底↑の松方さんにはおよびもつかないけれど、肩こりとストレスだけは張り合ってもいいくらいだと思っています。そんな状況下でこんなエピソードは思わず握りこぶしモノです。『やったゼ!』って。

真似しました。
エステサロンではないですが、近所の整体医院です。

今までもこの医院には肩こりや、腰痛で通っていました。もちろんコリや痛みをほぐしてもらうためです。でも、漫画を読んでからは「癒し効果」のために使う手もあったのだと気付いたのです。

長時間のデスクワークで肩こりや腰痛持ちのみなさん、きっと加えてストレスもはち切れんばかりに抱え込んでいるはずです。ここらでちょっと近所の整体医院を訪れてみませんか?心のもつれを人の手でほぐしてもらいに・・・

ちなみに私はまつもと鍼灸整骨院に通っています。

posted by ながらん at 10:54| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

ここ最近みた映画の話

このところ仕事に追われていたので、のんびり冬空の下を買い物がてら散歩する事もままならず・・・
その上、締めきりに追われる日々が続いて心のストレスが溜まり、それがさらに筋肉の緊張を呼んだのか、バドミントンの練習中に足がつってこむらがえりになってしまいました。ふんだり蹴ったりの散々な日々でありました。今年のおみくじの運勢は「大吉」だったのにサっ!!

さてさて・・・

この切羽詰まった日々の間の束の間の娯楽、それはレンタル映画でした。
この癒しの時間を一度味わうと二度・三度と後をひきます。おまけに英語の勉強にもなるし。

そこでいくつか映画レビューを書いてみようかと思います。
もし「!」が見つかったら是非借りてみてね!

1)幸せのちから


兎に角このウィル・スミス父子がいいです。
如何に頑張ったか!?を描いたというより、見る人に「お父さん」になりたくさせるような映画です。お父さんになって、息子にどんなにどん底でも「なりたい自分」だけはしっかり忘れずにいることを教えたくなるような映画です。
不思議なのは、内容はかなり悲惨なのに、なぜか「幸福」そうに見える事です。みんな良い人に見えるのですよね・・・


2)レミーのおいしいレストラン


この映画でネズミを担当したアニメーターにはホント、頭が下がります。たぶん家にハムスターかラットを飼っているのかもしれません。よく観察して、勉強して、そしてキャラ付けて映像化にしてます。アニメータの鑑!
さらに、料理の才能まったくゼロのリングイニーがまたよくできている!彼の動きは正にアメリカ人の動き。私の友達とまったく同じ。彼をモデルに使った!?っていうくらい。
ストーリー進行など置いておいて、このアニメの絶妙さだけでも必見。
「夢をあきらめない」っていうテーマはアメリカ映画では毎度お馴染みですが、今回もやっぱりノセられてしまいました。首尾よくハッピーエンドでめでたしめでたしです。スカッと楽しい映画です。
ちなみに原題は「ラタティーユ」ですが、アメリカ人の友達にどんな料理だ?ときいたところ「知らん」と言われました。ネットで調べてみるとどうやら野菜の煮込み料理らしいですが・・・


3)エクソシスト


また久し振りに引っぱり出して観てしまいました。
何度みても、いつみてもひたすら無気味です。なんだかとても薄気味悪いです。ああいうのに取り憑かれた日にはたまらんなあ・・・と思います。強烈さにおいて匹敵するものは未だないように思います。CGを使って当時よりもっとリアルに映像化することができる「今」であってもです。まあこの次にランクインするとしたら「リング」でしょうかねえ・・・。「さだこ」も怖い。
(忠告)
仕事に疲れて頭が参っている時にみると、さらにドツボにハマるので避けた方がいいかもです。
posted by ながらん at 14:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

エクソシストの祟り?

おみくじ

昨日ともだちと初詣にいっておみくじをひいてきました。それが上の写真です。見ての通りの大吉であります。
俗に、かえって大吉は運がよ過ぎてダメだ。中吉くらいが丁度良い。などと言われます。でも、私は滅多に大吉なんて引き当てたことがないのでとても嬉しいのでした。金運、仕事運、全般運みても万事良好、景気いいです。

が・・・、やっぱり人言う事ってあたるのでしょうか?大吉なのに昨日はさっぱり良い事が起りません。・・・っていうか泣きっ面に蜂っぽい!

その1:バドミントンの練習中に両ふくらはぎの筋肉を痛めて歩けなくなる。結局講習会終了まで見学することに。で本日整体マッサージで診察を受ける。
その2:夜中10時過ぎになって、なんと、なんとですが!、先月やったイラストの書き直しと、新たな発注のファックスが流れて決ました!なんと15枚分!著者チェックで、新たな発想が浮かび上がったのだそうです。・・・そ、そんな事いわれたって、もう発売日まで時間もないのに!とほほ・・・です。

今エクソシストのDVDを借りています。本編映画はもちろん、メイキングのエピーソードなど、毎日ちょいちょいと観ています。ひょっとしたら、この不運続きはおみくじではなく、エクソシストの祟りかも?

・・・ってエクソシストの悪魔(or悪霊)はキリスト信者以外にも取りつき、そして効果(!?)をあげることができるのであろうか?で、もしできたとして、そのお祓いはやっぱり神父さん?それとも神主さん?
posted by ながらん at 14:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

タイの家庭料理

タイの家庭料理

昨日イラストレータ仲間が集って会食しました。・・・といってもファミレスですが。
写真はその時注文した料理です。これってタイの家庭料理「カーオ・パット・バイ・ガパオ(鶏肉のバジル炒めご飯)」ですよね!?

この料理は以前ネットで検索して作った経験があります。
ウチのベランダにはふんだんに(ひとり二人分なら・・・)バジルがあるので、それはゴーカ(!?)な炒めご飯ができました。我ながら美味しくできたと自己満足です。

ところがここのお店のは・・・

タイの家庭料理02

この写真が答です。

この料理を注文した他の人は、ピリカラで美味しかったと満足げでしたが、私にはその「ピリ辛」すらありませんでした。よくみたら赤いパプリカが刻んで入ってはいたのですが・・・

まあ、ファミレスなので完璧を求めてはいけませんね。私以外の皆が美味しいといえばそれで及第点だと思います。
posted by ながらん at 10:06| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

季節の変わり目

水栽培の植物達

このごろだいぶ涼しくなりました。
秋ですね。
・・・といっても、今週末だったか、今月末だったか一時的にまたまた気温が30度近くに上がるとかなんとか・・・

とはいえ、涼しい風が四六時中部屋の中を横切って流れていくようになるのは嬉しい事です。扇風機ももう仕事収めかな?来週の日曜あたりには、洗って押し入れにしまおうか・・・
代わって、そろそろコタツをネットで物色しようかな?なんせ今年二月、
突然ぷっつりとコタツに電気が通らなくなり、お陰で赤外線ヒーターに灯りがともらず、ちょっと不便な思いをしました。まあ、買ってから17ー8年も使っていたらそろそろ大往生の時期かも。
幸い今年の1月・2月は平年より温かかったので、死ぬ程辛くはなかったけれど。

ハムのちょびももう、巣箱の裏で『野宿』するのを止めました。
巣箱の風通しをよくしようと思って、天井板を外していたのですが、朝晩が冷えるので、天井板をとりつけました。すると、待っていたように巣箱の中にもぐり込みました。床材の広葉樹チップをどっさり頬袋に詰め込んで。きっと巣箱の中で快適なベッドを作るのでしょう。

水槽の水の温度も今は23度から24度。真夏の昼間、氷をどんどんぶちこんで必死で水温を下げていたのがウソのようです。
そろそろヒーターの準備をしなくては・・・

秋が静かに、静かに私達の近くにやってきます。

(写真:左からシンゴニウム、クワズイモ、ウォーターバコパ)
posted by ながらん at 11:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

お金の計算

お金

毎月末は、その月の売り上げを計算し、赤字だの黒字だので顔が蒼くなったり、喜色満面になったりします。(大概は蒼い顔になる)いわゆるチョーボ付けってヤツです。フリーランスで活動する人の必須業務。

フリーランスってつまりは個人事業主の事で、これも立派な「事業」であるからには、やはりチョーボ付けは必要なのです。半分は当然自分のためであるけれど、もう半分は申告時になるべく沢山還付金が戻って来るよう、ゼームショに言い訳するためのものでもあったりするのです。

やらなきゃやらないでいいのかもしれないのだけど、そうやって一年間放置プレーしてしまうと、申告の時期になって大慌て、且つ大混乱してしまうので、イヤでも毎月少しづつやっておくのが無難で・・・

でも私はどういうわけか生来「数字」にはめっぽう弱く、小学生の時なんか算数は「1」に近い「2」を担任から「いただいた」上に両親からも大目玉をもらいました。

税務署が紹介してくれた会計士さんのところに、チョーボの付け方を習いにも行きました。当時はMACを持っていなかったので、正に、帳尻が合うまで何度も何度も計算し直したものです。お陰でトラウマとなり、月末がキョーフでした。チョーボ付け大嫌いが増々加速しました。

で、先月末。チョーボの日。領収書をペタペタノートに糊付けしたまではよかったのですが、それから先の計算がどーしてもできない!明日明日に先延ばししていたらとうとう9月も第一週を過ぎてしまいました。

明日こそは!・・・・必ずチョーボを付けます。どうせ対した金額じゃないのだからすぐに終わるヨ!
posted by ながらん at 14:49| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

幸せの葉っぱ

幸せの葉っぱ

これは『幸せの葉っぱ』と呼ばれているのだそうです。たった一枚の葉っぱから新芽が次々と出て来るのだそうです。それゆえに『子宝の葉』とも呼ばれています。生命力の強い植物です。100円ショップでみつけました。

芽が出たところ

上の写真は、この葉っぱが入っていた袋の中の説明書をスキャンして掲載したものです。確かに親葉っぱの廻りに小さな新芽が次々と出ている・・・これはオモシロイ!ということで買いました。

植え替えたところ

この新芽、3センチくらいになったら切り取って鉢に植えるのだそうです。(↑の写真。説明書をスキャニング)水はけのいい土に植え、日光をたっぷり浴びさせると1.5メートルくらいに成長するのだそうです。

花が咲くまで2・3年かかるのだそうですが、花は鈴蘭のように下向きのカワイイピンクの花だそうです。ちょっと楽しみ!

アフリカのマダガスカル原産でセイロンベンケイソウ、またはトウロク草と呼ばれているのだそうです。
(参考:商品付属の説明書)
posted by ながらん at 09:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

ミールワーム

ワーム01

ワーム02

先日ツバメの子じゃじゃ丸が巣立ってしまい、5月31日に買ったエサのミールワームが3パック分余ってしまいました。
1パックはベランダに置いて、近所のスズメや野鳥が食べに来るのを待っています。で、あと2パック・・・捨てるに捨てられずどうしたものか困っています。

ウチの部屋の中は比較的涼しくて、パックのワーム達も、意外ですが、元気です。普段はじっと大人しくして動きませんが、容器ごと揺すると、ウゴウゴ、にょろにょろ、活発に且つブキミに動きます。
その上・・・・!なんだか買った時より増えたような気がする・・・(気のせいか?)
posted by ながらん at 10:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

あれから一週間・・・

はじめての飛行

あれから一週間経ちました。
若鳥になってウチのアパートを出ていったじゃじゃ丸は今、どこでどうしているのだろう・・・。
ちゃんとごはんが食べられているだろうか?飛びながら、虫をキャッチ出来ているだろうか?
仲間とはうまくやっていけているだろうか?
・・・

写真は、じゃじゃ丸が始めて止まり木からオーブントースターまで、自分の力で飛んだ記念すべき瞬間!

この後、飛ぶ事の楽しさを知って、ヨタヨタ、ヒョロヒョロではあるけど部屋の中を飛びまわることになりました。そして行く先々で『フン』を落として、里親の私の顰蹙をかったのであります。
posted by ながらん at 08:38| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

友達がやって来る!

飲み屋の食べ物

昨日韓国へ帰国した友達とおよそ半年ぶりに再開できました!

再開までの半年間、私は彼女が韓国で困ってはいないだろうか?ってけっこう気にしていました。なにしろ彼女は20年近く日本に暮らしてすっかり『ニホンジン』になってしまっていたからです。
でも、それよりもなによりも私を心配させたのは、帰国して間もなくの頃かけた電話の状況でした。

携帯の番号を教えてもらったので、そこに電話しました。すると・・・
『この電話番号は現在は使われておりません。もう一度確かめておかけ直し下さい』
のメッセージ。ええっ、なんでえーーーー????

そこで今度は韓国国内の固定電話用番号に発信してみました。しばらく後に応答アリ!
『もしもし!』
私は日本語で話しました。勿論彼女は日本語が喋れます。
ところが応答は韓国語・・・。そうか、友達の所にしばらく厄介になるっていってたからこれはその友達かな?でも私は韓国語はまるでわかりません。そこで英語で喋ってみる事にしました・・・・が無反応。応答した人は英語もわからないようです。こまったなあ。
すると突然なんだか日本語のような響きが!
電話に出た相手は私が日本人だと察して、知っている限りの日本語を喋っているようです。だけど、残念!何をいっているのかぜんぜん意味不明!ナニナニナニ????と思っている内に『ガチャ!』電話が切れました。いったい何なんだ????

「必ず電話してね」彼女はそういって帰国したはずでした。なのに唯一の連絡先に彼女はいません。友達の前から姿をくらませなければならない程不都合な事態でも起ったのでしょうか?なんだかものすごおーく不安でしかたありません。でもこの状況ではどうしようもありません。
しかたなく彼女からの連絡を気長に待つしかありませんでした。

「日本から韓国に電話する時は国際電話発信番号+82(国番号)+0を省いたローカル番号+個人の電話番号でかけるんだよ」

半年ぶりに会った彼女から電話のかけ方を教えてもらいました。
そうです!私は固定電話に電話する時、つい、国際電話発信番号と国番号、そして電話番号から『0』を省くやり方をすっかり忘れていたのでした!それさえしっかりできていたら、私はあの時、あの電話番号で彼女と話ができていたのです。
そしてついでに云うと、あの時電話に出た人は、まったく知らないどこかの誰かだったのでした!恥!

携帯電話に関しては、しばらく支払いが滞っていたので、一時的に中断させられていたんのだそうです。だから『・・・おかけになった電話番号は・・・』のメッセージが流れたんですね。

さてさて、彼女はまったく元気でした。居候先の友達の家からは1ヵ月で出て、今はアパートに一人暮らし。なんとかアルバイトを見つけて先ずは生活の基盤を築けたようです。

写真は飲み屋での宴もたけなわの頃のテーブルの様子。ほっけの塩焼きも骨だけになりつつあります。テーブルについて早5時間。私と彼女が話す半年分の近況報告はまだまだ終わりません。
posted by ながらん at 16:07| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

つばめの子:その5

じゃじゃ丸02

じゃじゃ丸が今朝、ベランダから空へ向かって飛び立ちました。

今週火曜日ぐらいから飛べるようになって、始めはヨロヨロ、フラフラとおぼつかない飛びっぷりでしたが、さすがは鳥、メキメキと上達して、行きたい方向へ確実に飛べるようになりました。
羽ばたく力も強くなって来て、そばでバサバサすると、けっこう大きな風さえ感じます。
ここまで来るとじゃじゃ丸にとって人間の居住空間はあまりにも狭過ぎて、このままここに閉じ込めておく事はできません。大空を高速で飛び交う天性の才能を殺す事になってしまいます。それはあまりにもムゴイ話。

そこで今朝、思いきってベランダ側の窓を開け、じゃじゃ丸を手のひらに乗せ、広くて壁のない世界を見せました。まだ飛べなかった頃レースのカーテン越しに何度か外の世界を見せた事はありました。始めは里親の私以外の、見知らぬ者達にびっくりして、物陰に隠れてしまったのだけど、その内慣れて来て、いつまでも風景を不思議そうに眺めていました。今、そのカーテンがなくなって、いつでも新しい世界へ出て行けます。

じゃじゃ丸は手のひらを2・3歩前に進みました。その様子には、もう恐れも、不安もありませんでした。そこがどういう世界か知っているようでした。そしてパッ!と飛び立ち、ベランダの手すりに止まりました。それから、そこらへんをチョコチョコ小さく飛んでいました。
が、パタパタっといつものように羽ばたいたかと思うと、ベランダを飛び立ち、あっという間に小さくなってしまいました。
ウチで過ごした数日間の事等まったく忘れてしまったかのようでした。

ご飯を食べた後、くちばしを何かに擦り付けて、汚れを落とす事を覚えました。羽つくろいも自分でできます。家の中を飛んでいた小バエを追っかけることもしました。自分でワームをつまんで食べる事もできました。後は、自分で餌を探し、上昇気流に乗るコツを覚え、海を渡っていける程の強い翼を得る事です。それはわが家では教えられない・・・

・・・・といいつつ、ちょっと甘えん坊のじゃじゃ丸の事だから、夕方になったら、ねぐらのわが家に帰って来るのかな?しばらくはそうする若鳥もいるそうです。

写真はまだはばたきの練習をしていた頃のじゃじゃ丸です。
posted by ながらん at 09:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

わが家の害鳥

じゃじゃまる2

巣から転落したのを保護し、わが家で療養中(?)のつばめの子供(っていうか今は『若鳥』かな?)「じゃじゃ丸」です。

この頃は飛ぶようになりました。・・・といってもまだヨロヨロ、フラフラと方向が定まらないようで・・・。高度も2メートル、距離は1から2メートルってトコでしょうか?

それでも「飛ぶ」楽しさに味をしめたのか、頻繁にあっちのモノにむかってフラフラ、こっちのモノにむかってヨロヨロ飛行練習(?)します。ここまでくれば一人立ちはもう目の前です。それはとても喜ばしい事ですが、1つだけムカつくことがあります。それは「フン」です。

あっちのモノにつかまってはポトリ。こっちのモノにつかまってはポトリ、ウンチを落としていくのであります。じゃじゃ丸の行く先々、かならず新聞紙のウンチ受けが敷かれています。

少し前までは止まり木で「良い子」にしていたじゃじゃ丸ですが、今は「害鳥」です。(^_^;
困ったもんじゃ・・・

写真↑はふてぶてしいツラがまえに育ったじゃじゃ丸です。
posted by ながらん at 08:55| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月25日

ツバメの子:その3

じゃじゃ丸

命名しました。『じゃじゃ丸』君です。でも本当は男の子か女の子かわからんのですが・・・

これは水曜日に撮影したものです。
あれから2日経った本日は金曜日なのですが、撮影したときよりもだんだんと羽が生え揃って来て、だいぶん『・・・らしく』なりました。
この頃ではさかんに羽ばたきの練習をします。

じゃじゃ丸君は、どうやら私の顔を覚えたようで、ご飯の時間になると上を見上げて私に熱い視線を送ります。そして『ジョワ、ジョワ(この声がじゃじゃ丸の<ジャジャ>の由来)』と鳴いて餌の催促です。

普段はダンボールの巣の角の隅っこに頭を突っ込んだ状態で寝ているのですが、その場所で給餌されるときちんと餌を貰えないと『学習』(えらい!)したのか、モノを貰う時だけは、巣の真中にでてきておねだりするようになりました。お陰で餌やりは楽になりました。なかなかアタマは悪くないようで・・・

この調子ならなんとか巣立ちまで見守ってやれそうな気配です。

今日はじゃじゃ丸君の可愛い(←と思うのは里親の私だけか?)写真を普段よりちょっと大きめにしてみました。サムネールの写真をプッシュすると原寸大で観れますよ!
posted by ながらん at 08:07| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ツバメの子:その2

ヒナ03

日中は汗ばむ陽気とはいえども、やっぱり5月。深夜や早朝は気温がさがります。人間より体温が高いツバメの子はそれはもう寒いのなんの!・・・なのだそうです。

そこで暖房完備の快適住環境を構築しました。
お茶の入っていたペットボトルに沸騰したお湯を入れ、新聞でぐるぐるに巻いて、湯たんぽ代わりに。さらにタオルを敷いた上に細かく刻んだ新聞紙をしいて保温性をアップ!これまで直にタオルの上を歩く時より、足の爪にタオルのループがひっかからずに楽チン歩行!

ツバメの子は早速湯たんぽの側にピタっとくっついて、うつらうつらし始めました。やっぱり寒かったんですね。そりゃそうだ。今まで兄弟と体をぴったり寄せ合って眠っていたのだから・・・・

野鳥を保護したときの対処法が詳しく載っているサイトです。
私もここの情報で写真のような住環境を教えてもらいました。

すずめっ子クラブ
http://www.asterisk-web.com/sparrow_club/index.htm
posted by ながらん at 08:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ツバメの子

ヒナ01
ヒナ02

ツバメのひなです。
日曜、市場に行く道すがら、お寿司屋さんの軒先きにツバメが巣を掛けているのを発見!その巣から一羽のヒナがはみ出しかけてあたふたあたふた・・・・
それを横目に通り過ぎると、背後で「ボタっ・・・!」
振り返ればあのヒナが地面に落ちていました。幸いふかふかダンボールの上に落ちたのでコンクリート直撃は免れました。
で私・・・目撃してしまったものはしょうがない、放っておくわけにも行かないのでヒナのホゴに急行。・・・って早い話拾いに行ったのですよ。本来ならその場で巣に帰すところなんだけど、生憎母屋であるところのお寿司屋さん、本日は休業なのか?それとも夜中に開業なのか、はたまた、移転したのか、シャッターが下りていました。仕方ないからわが家に一時非難。

・・・といいつつ、今日で2泊目。

自然保護センターに電話したとき、最初に応対していただいた方から「ツバメを助けてはいけませんよ。自然のモノだから人間が手を出してはいけないんです。法律違反ですよ!」と諭されました。だけどやっぱり目の前にヒナが地面に落ちてそれを放っておけないでしょ?先は見えてます。寒さで死ぬか、犬か猫に食べられるか、飢死にするかのどれか。やっぱり「かわいそう」ですよね。

で、2日暮らしているとやっぱり「情」が涌いて来ます。
いろいろな仕種を観察していると「ヤツ」が可愛くなって来るのですよ困った事に・・・。

うーん、でも将来の事を考えると親兄弟の所へ戻るのが仕合わせってもんでしょうかねえ。悩ましい・・・・


上の写真:下敷きに使っているタオルの中に、使い捨てカイロをしこんであります。なので夜室温が下がっても快適!快適!
エサはペットショップで買って来たミールワーム(ミミズみたいなムシ)と粉状のすりえを水で溶いて与えています。

正面から見ると魚の『コチ』に似ている・・・!
posted by ながらん at 08:02| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。