2008年04月16日

おまけのニミキャロット

あるときスーパーで、サイダーのペットボトルにミニニンジン栽培キットのおまけがぶら下がっていました。好奇心につられてつい買う事に・・・。

栽培セット

これがその栽培セットです。中にはプラスチック製の小さな鉢と、固形培養土、そして種が数粒入っていました。
さて、鉢の中に培養土を入れ、鉢の中の段差のところまで水を入れてしばらく置き、培養土をふやかします。

培養土

ふやかした培養土です。これを爪楊枝か何かで適当にほぐします。ほぐしたら種を蒔きます。重ならないように注意します。

種

種まきしたところ。際立って見えるツブツブがニンジンの種です。
これを薄暗いところに置いて、水がなくなったら足して(水のやりすぎに注意)、発芽を待ちます。発芽したら、大きな鉢に(ニンジンの根の長さを考えて深めの鉢を用意する)植え替えます。

ミニニンジンポット

小さな鉢です。手のひらサイズ。果たしてこれで発芽するのでしょうか?
posted by ながらん at 09:58| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93549126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。