2008年01月29日

本を出版するということ・・・

ガジュマル復活

今とある書籍のカット画を描いています。・・・・っていうか、もう手が離れているので描いて「いました!」になるのか!?

・・・っていうのもですね、トラブル続きでなかなか終わりそうにないからなのでして。っといっても、商業出版の書籍ですからきちんと発売日がありまして、それはきちんと守らなければならない。だからみんな青ざめていたりするのですが・・・

今回のことで、よくよく書籍を一冊世に送りだす事の大変さを知りました。1つのトラブルが解決したら、直ぐその後で、別のトラブルが発生!しかも、その原因が全くわからないと来た日にはもう泣きたくなる程で。でもぼんやりするわけにも行かず、かといって何をすればいいかわからず。時間はどんどん発売日へと流れていく・・・・。

編集さんはホント、ご苦労さんです。
私なんかは、まだ、自分の守備範囲だけでウロウロしてればいいだけですが、編集さんは皆を統括しているので、問題は即時解決していかなければならない。しかもその横で、別の仕事が重なって来る。
ほんと胃の痛い思いをするのです。よく爆発せずに耐えていられるものだと感心さえします。頭が下がります。

昔、編集さんに憧れてみた事がありますが、今はいいです。
漫画か映画かテレビドラマで眺めているくらいに止めておきます。


-----------上の写真について---------
上の写真はガジュマルの写真です。100円ショップで買って来たものです。一度世話に失敗して、幹がシワシワになり、葉っぱも全部落ちてしまい、後は枯れて死ぬのを待つばかりの状態にまでしてしまいました。
もうダメだ。捨ててしまおう。と思いました。

でも・・・・!
いやちょっと待て!
復活のチャンスを下さい。

家の中の陽当たりのいいところに置いて、たっぷり水を与え、そしてここが一番重要なのですが、
「がんばれ!葉っぱを出せ!」
と声を掛けて来ました。

そしたら枯れ枝から葉っぱの新芽が!そしてみるみる幹にハリがでてきてパリっとしてきたではありませんかっ!
そして数カ月・・・・
写真のようにまで回復しました。ガジュマルらしい深いツヤツヤの緑の葉っぱを増やしています。頑張りました。よかった・・・

posted by ながらん at 12:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。