2007年10月05日

バジルの花

バジルの花

バジルの花です。白い小さな、ユリのようにおしべが外に伸びた花です。
どうやら花は穂になって咲くようです。

この花穂の蕾みは先月頃からポツポツ見ていました。でもまさか花が咲くとは(じゃあどうやってバジルは子孫を増やすんだ?)思わず、新しい葉っぱの芽だとばかり思って、料理用にちょん切っていました。

ところが、近所の中学校の花壇を柵越しになにげに覗いてみると、そこにはバジルが植えてあって、なんと、なんと!花が咲いていました!その花はいつぞや、料理に使おうとちょん切った新芽の『穂』とおもっていた部分からでした!

あれは『花穂』だったのです。

・・・というわけで、それからは『新芽の穂』はちょん切らずにそのまま放っておきました。すると写真のような白い花が咲いたというわけです。もうちょっと待って、穂全体が白い花で被われるのを待って今度はポスカのモデルとして写真を撮ることにしましょう。
posted by ながらん at 13:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58994305
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。