2007年03月28日

春野菜のポスカできました。

ふきのとう01

春の野菜蕗の薹(ふきのとう)のポストカードができました。

●キク科の多年草●英名:Japaniese butterbur、和名:蕗(ふき)●日本原産
まだ雪が残る頃、山の斜面などに雪を割ってひょっこり顔を出すふきのとう。山菜の中では一番早く芽を出す早春のシンボルですね。北海道から九州まで、日本全国に見られる数少ない日本原産の野菜です。
ふきには雄株と雌株があって、野山に自生しているフキの場合、雌雄の数はほぼ同じ数だけあるのだそうです。ところが、栽培用のものになると、ほとんどが雌株で、しかも受粉能力が低いため、株分けだけで増やしているのだそうです。

ところで私が子供の頃、春になると、母を含め、近所のお母さん方がこぞって山に分け入りフキやツワブキ、ゼンマイやワラビを競うように採ったものでした。田舎の春のレジャーです。
摘み採った山菜はその日の晩ご飯の食卓にのぼりましたが、私はこの山菜が、特にフキやツワブキが大嫌いで、毎日毎日続くフキやツワブキの煮物や炒めものにそれはもうへきへきでした。なので当時の私は春が大嫌いでした。

参考:野菜図鑑「ふき」

ふきのとう写真

ふきのとうです。残念ながら山で採れたものではなくスーパーのものです。刻んで味噌汁の中に入れてみたところ、キクの花をほぐした時匂う、苦いような、そしてどことなく「香」のような匂いが口の中に広がりました。早春の味(!?)です。

ながらの手づくりSHOP」へ是非おいでください
posted by ながらん at 18:45| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。