2007年03月26日

あやしい野菜料理

ししとう

ししとうふた袋を使って「ししとう」のチンジャオロースーを作ってみました。
なぜししとうか?というと、ししとうってピーマンの仲間らしいんですね。細長いピーマンだと思えばいいらしいです。辛味のある無しは、受粉するかしないからしくて、受粉すると辛くなるらしい・・・・

ししとうのウンチクはさておき、ししとうと豚肉を細く刻んで作ってみました。下の写真がその出来上がりです。

チンジャオロースー

うーん・・・味付けはともかくも、なんでししとうのチンジャオロースーがないのか、分かったような気がします。
ししとうはピーマンにくらべて肉がとても薄いので、細切りにするとシュレッダーで刻んだ紙を食べているようで歯ごたえが全然です。肉の方が個性が強いので、まるで肉しか食べていないような印象でした。発見です。
多分刻まずに、ししとう丸ごと肉と一緒に炒めれば食感の薄さは解消されると思います。けど、それじゃあチンジャオロースーじゃなくなってしまいますケド・・・。

ところで、私のネットショップ「ながらの手づくりSHOP」では「あやしい」野菜料理の記事を募集しています。お礼は何もできないけど、ショップHP内でご紹介する他、「あやしさ満点」の料理はメルマガ「ながらん通信」内でもご紹介します。

自慢の(!?)あやしい料理レシピをお持ちの方、よかったらご紹介下さい。
お待ちしております。
posted by ながらん at 07:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。