2007年08月29日

枝豆の収穫

枝豆収穫

わが家で収穫枝豆です。
プランター鉢二つ分、合計4本にできた枝豆です。
ご覧の通り収穫量はとても少ない・・・

豆のさやが実る頃成長点を摘み取ると、あちこちから脇芽が出て来て枝となりやがてはその枝にたくさんのまめさやを付けるのだそうです。これが1つの枝豆からできるだけたくさん収穫する方法。だけど私はめんどうだったのでそのまま成長点をほったらかし。そしてこれがその結果です。
でもそれなりにぶっくりと太った豆ができたので『良』としています。
それにしても、店頭に並んでいる枝豆は豆3つのさやなのにどうしてウチは豆2つのしかできないのであろうか?

写真のものは収穫して数日放置していたので、さやが黒いものもあります。でも腐っているわけではありません。
よおっくみるとちゃんと毛も生えています。いつもみかける『枝豆』です。

塩茹でにして食べようかと思いましたが、収穫量が少ないので『種』枝豆にして、来年こそはたくさんの収穫を期待しようと思います。
posted by ながらん at 12:13| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

ももちゃん怒られる

モモカゴの中

今朝の事です。

外のスズメ達の声に反応したインコのももちゃん、自分の存在を知らせているのか『ギャーギャー、キーキー』鳴き叫びます。
小桜インコの声はキンキンと響く金属音で、耳の奥まで突き刺すように響きます。そのためご近所迷惑になるのではと鳴くたびにヒヤヒヤもの!でも当のももちゃんはそんな飼い主の心の内を知るはずも無く、空を自由に飛び回るスズメ達に呼応して金切り声をあげ続けます。おまけに、カゴの中を所狭しと飛び回る!

単に鳴いているだけならまだしも、ガタガタと金網を揺らして暴れ回られてはたまりません。とうとう私の堪忍袋の緒は切れて、ももちゃんを怒鳴りつけました。正に頭の上から吐き捨てるように怒鳴ったのです。

「お前みたいなうるさいインコはどっかに行ってしまえ!もう世話もしたくない。ハムスターの方がなんぼかよかった。このバカインコめ!」

するとピタっと騒ぎが止まりました。偶然なのかどうなのか兎に角急に静かになったのです。
ああ、やれやれこれでひとまず治まった。私は安堵しました。

それから小一時間。さて、ももちゃんは如何に?
カゴを振り返ってみるとももちゃんは後ろ向きでした。いつもなら私の方を向いて止まり木にとまっているのに、この時は私に背を向けていました。しかもなんだかうなだれているようにも見えます。
気になってももちゃんの側まで行くと、彼女はカゴの床を見つめていました。「ももちゃん。ももちゃん」と声をかけてみても反応せず、だまって床を見続けていました。哀しそうに見えました。

ひょっとして凹んでる????

なぜ怒られたのかは理解できないのでしょうが、張り詰めた空気は感じ取れたのでしょう。とにかく小さくなって気配を殺しています。このまま放っておくと築きつつある信頼関係が崩れていって、ただただイジケたインコになってしまいます。
早速普段の声で声かけしました。

「ももちゃん、ゴメンね。私はももちゃんのためにあれこれ工夫をしているつもりなのだけど、ももちゃんは全然気を使ってくれないでしょ。好き勝手ばかりしてる。この先一緒に暮らすのだから、ももちゃんも少しは私の事も考えてね。」

ももちゃんはすまなそうな目で見上げました。
この時始めてももちゃんとなんとなく心が通じたような気がしました。
インコと人間なのですが・・・

そして数時間後。写真が今のももちゃんです。もうすっかり元通りです。ちゃんと写真も撮らせてくれましたし・・・。
あらためて思います。ももちゃんは可愛い!(ちょっとブレてますが・・・)
posted by ながらん at 15:38| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

モモちゃんです!

モモちゃん

あたらしくわが家の一員になったインコの「モモちゃん」です。
逆光になって少し羽の色がわかりにくいですが、顔はサーモンピンク、体は緑が基調で、おっぽがスカイブルーのカラフルバードです。

ショップの店員さんはモモちゃんを「ルリコシボタンインコ」だといいましたが、私が本を見る限りでは、「コザクラインコ」ではないかとおもいます。
もし私のカンが当たっていたら、ショップは1000円損をしたことになるのだけど・・・・(本当の所はどうなのかな?)

ウチはベランダにスズメが砂浴びにやってきます。
チュンチュン楽しそうにさえずるのですが、その声が聞こえるやいなモモちゃんも「キュルルルル・・・。キョロロ」などと鳴いています。きっと「私はここよ!遊びに来て!」と言っているのでしょうね。

写真は魚の水槽のフチにとまっているところ。
ブリ・・・とウンチを水槽の中に落としました。そのウンチを水槽の中のカラーブラックテトラが食べる・・・・。自然の恵みにムダはない。

ともあれ、モモちゃんと早く仲良しになることを期待して止まない飼い主ながらでありました。
posted by ながらん at 09:28| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

誰もが暑い一日

セミ01

昨日ブログを書いて数時間後、うわさのアブラゼミがまたベランダに迷い込んできました。『ジジジ・・・・』と音がする方を探してみると、アブラゼミはベランダの排水用の溝にうずくまっていました。そこは小さい陰になっていて、朝、野菜達にあげた水が蒸発せずに残っていたのです。アブラゼミはそこに『涼』を求めてやって来たのか!?

今回は撮影に成功しました。・・・といっても故意に観葉植物につかまらせているのですが。アブラゼミは直射日光が当たって居心地悪いのかウロウロしています。もちろん、このあと観葉植物ごと日陰に移してあげましたが。ちょっと撮影に協力してもらってありがとサン。

セミ02

ところで私は釜に張り付いたごはんを捨てずにスズメ達に『おやつ』として提供しています。なのでその時間になるとどこからともなくスズメが集まって来るのですが、昨日のスズメ達は皆そろってくちばしを半開きにしてベランダの手すりにとまっていました。

暑いんです。

鳥は体温調節を口でするらしくて、暑くなるとイヌ同様、口を開けます。ハアハアしてるわけですよ。

暑くてエサを探すどころじゃないのかもしれません。ごはんそのものがなくなってもしばらくどこへもいかずにたむろしています。なんせウチのベランダ、一番陽射しのきつい午後1時から3時ごろは、ラッキーなことに全体が日陰になって直射日光を免れるのです。
それを狙ってくるのか、訪れるスズメの中にはベランダで日光消毒兼ねて乾かしている野菜の培養土で砂浴びしていく者が何羽かいます。

ウチのベランダ、小動物達のちょっとしたリゾート施設ですね。続きを読む
posted by ながらん at 12:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

バジルとセミの関係

バジル

わが家のバジルです。

昨日の朝、『ジジジジ・・・』と音がしたので何だ?とベランダに出てみれば大きなアブラゼミがいました。しかもバジルの葉っぱにとまっています。
彼はバジルの葉っぱで休憩しているのか、それもとバジルの葉っぱの汁を吸っているのか?
(今から思えばそのセミの写真を撮っておけばよかったと思います。でもその時ってそんなこと微塵にも思い付かなかったんだよねえ。絶好のシャッターチャンスだったのに)

そう言えば何日か前にもアブラゼミが飛んで来てたよなあ・・・
その時はどこにいるのか確認しなかったのだけど、ひょっとしたらバジルの葉っぱにひっついていたのかも・・・・?

だけどセミってふつう樹液を吸うよねえ。それがなんでバジルなんだ?

ところでこのバジル、生春巻きのネタにするととても美味しいらしいので、今度つくってみようかと思います。たくさん脇芽も出てるしね。(・・・というような内容の記事を以前にも書いたような気がする。コリアンダーの記事だったか?)
posted by ながらん at 09:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。