2007年07月31日

フグ子さんとフグ夫さん

フグ子さん

あまり良い写真ではありませんが(ライトが写っている)、これがフグ子さん(アベニーパファーというフグ)です。
下の方の記事、『白コリの憂鬱』で白コリさんのヒレをかじった犯人であります。

彼女はカメラが好きじゃないみたいで、写真を撮ろうとするとふわーっと流れるように水草の後ろに隠れてしまいます。そのくせエサの時間になると一番に現れて「早くエサちょうだい!」って顔で上下に泳いで催促するのにね!

彼女の相棒はフグ夫さんであります。
けどこのフグ夫さん、少々シャイでいつも物陰に隠れています。たまあーに、表に出てくるのですが、飼い主の私の顔を見るとすぅーっとまた物陰に隠れてしまいます。なのでフグ子さん以上に写真を撮るのが難しい・・・・
(私はフグ夫さんに嫌われている。飼い主なのに・・・ううう)

フグ子さんはよく食べます。ひょっとしたらフグ夫さんの何倍もたべているかもしれません。なのでフグ子さんは後ろから見ると泳ぐウズラ豆です。一方、フグ夫さんは小食です。なので体もフグ子さんより少し小さくヤセています。それでもご飯の赤虫を食べた後は、お腹がぷくっとふくらんでいるのが可笑しい!

ときどきフグ子さんとフグ夫さんはケンカをします。
フグ子さんに近寄って来るフグ夫さんを、フグ子さんはプイっと追い払うのです。
でもたまに逆にフグ夫さんがフグ子さんを追い払う時もあります。その時の剣幕はフグ子さんより数倍すごいです。フグ夫さんから半径5センチ以内にでもフグ子さんが入って来ようものなら、「あっちへ行け!」と言わんばかりに、びゅーんと普段の10倍くらいもの早さで泳いで来て蹴散らかします。やっぱり男の子の方が腕力(!?)があるのかな?

フグ夫さんに追い払われたフグ子さんは怖いです。
ふて腐れて誰かのヒレに食い付こうとします。その恰好の標的はいつも白コリさんです。だって白コリさん、いつもぼーんやりしているのですから・・・
他にこの前なんかは、水草のバコバの新芽に当り散らしてました。ブチブチかじりまくってた。嫌われたのがよほど悔しかったのでしょうね。

・・・とは言え、大抵は仲良く二人揃って水草の中でほのぼのしています。今日はタコ壷の中でそろってぼんやりしていました。誰だってたまには機嫌の悪い時はあるものです。喧嘩したり仲直りしたりして二人はより仲良くなっていくのでしょうね。
いつベビーが産まれるのかな?ちょっと楽しみ。
posted by ながらん at 09:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。