2007年07月17日

白コリの憂鬱

齧られたヒレ

写真は白コリドラスです。
拡大してご覧になるとわかりますが、背びれと尾びれを齧られています。

誰が齧ったか!????

フグ子さんであります。

アベニーパファーという名前の2センチから3センチたらずの世界最小のフグで、つい2・3日前にわが家にやって来ました。とても大人しく、そしておっとりとした温和なお嬢さんだと思っていました。ところがそれはネコを被っていただけ(魚が猫をかぶるってか!?)。段々同居人達にも慣れて来ると、なんと!他人のヒレを齧ろうとするとんでもない『クセ』が浮上し始めました。

最初の被害者が写真の白コリさんです。
彼はほんとうにのんびりとした人で、思い出したように水槽内をヒョロヒョロと泳ぎ、口で砂をほじくっては食べ物を探す以外、大抵は水槽の底の物陰でぼーんやりしています。目がロンパリぎみなのが愛嬌です。

こののんびり屋の白コリさん、フグ子さんが背後からそおーと近づいて来くるのに気付かず、いつものようにぼーっとしているといきなり『ガブっ!』ヒレを齧られたのであります。
驚いた驚いたのなんのって。ロケットのように水槽の上を下を、右に左にと大暴走!『ワシは何処?ここは誰?』みたいな!フグ子さんにしてみればほんのちょっと、挨拶代わりのイタズラらしいのですが・・・

フグ子さん、どうも人のヒレが気になる様子です。
他にコッピーやチビコリドラスにも背後からそろーっと忍び寄るのだけど、彼らは俊敏です。ささっと逃げられてしまいます。そればかりかコッピーからは逆襲かけられて大慌てで逃げることも!

結局フグ子さんのいじめの対象になりうる人はどうやら白コリさんだけのようです。

困ったフグ子さん。どうしたもんか・・・正面から見ると埴輪のようなベビーフェイスみたいで可愛いのにねえ・・・
posted by ながらん at 08:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。