2007年07月23日

わが家のアイドル白コリさん

白コリさん

白コリドラスの『白コリさん』です。わが家ではフグ子さんと並ぶ個性派アイドルです。

只今、タコツボの向こうからこちらへカメラ目線です。この状態の少し前は水草の茂みに頭から突っ込み、まるで森に墜落した飛行機状態でした。いったい何が嬉しいのやら・・・・?
ナゾだらけの行動満載の白コリさんです。
posted by ながらん at 09:33| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

幸せの葉っぱ

幸せの葉っぱ

これは『幸せの葉っぱ』と呼ばれているのだそうです。たった一枚の葉っぱから新芽が次々と出て来るのだそうです。それゆえに『子宝の葉』とも呼ばれています。生命力の強い植物です。100円ショップでみつけました。

芽が出たところ

上の写真は、この葉っぱが入っていた袋の中の説明書をスキャンして掲載したものです。確かに親葉っぱの廻りに小さな新芽が次々と出ている・・・これはオモシロイ!ということで買いました。

植え替えたところ

この新芽、3センチくらいになったら切り取って鉢に植えるのだそうです。(↑の写真。説明書をスキャニング)水はけのいい土に植え、日光をたっぷり浴びさせると1.5メートルくらいに成長するのだそうです。

花が咲くまで2・3年かかるのだそうですが、花は鈴蘭のように下向きのカワイイピンクの花だそうです。ちょっと楽しみ!

アフリカのマダガスカル原産でセイロンベンケイソウ、またはトウロク草と呼ばれているのだそうです。
(参考:商品付属の説明書)
posted by ながらん at 09:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

チンゲンサイのおばあちゃん

青梗菜6月

これは今から1ヵ月くらい前のチンゲンサイの写真です。
その同じチンゲンサイが只今・・・・

チンゲンおばあちゃん01

↑のようになりました。
葉っぱも細くなり、色も褪せてきたようで少し歳を取った感じにみえます。そろそろ『おばあちゃん』の時期なのかもしれません。

チンゲンおばあちゃん02

たくさんの葉っぱを噴水のように真中から芽吹かせてはその葉を落としていく・・・何度も何度も繰り替えして、茎には幾つもの葉っぱの残骸が残っています。それはこのチンゲンサイが生きて来た日にちの記録でもあります。

この先どうなるのかなあ・・・

最後の葉っぱが枯れてなくなるまで世話したいと思います。
(このチンゲンサイおばあちゃん、水をよく飲みますよ。毎朝たっぷりの水を飲んで、昼間元気に葉っぱを広げています。)
posted by ながらん at 10:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

かじったのは誰!?

ケール

これはケールの苗です。結球しないキャベツ・・・というか、食べられる葉牡丹・・・というか、そんな野菜になります。かなり大きくなります。
さてその苗を・・・今朝チェックしたら、な・なんと本葉がかじられていました!(T_T) 本葉はまるで大人になったケールの葉っぱそのものの形をしていたので、どんどん増えて成長するのを楽しみにしていました。

誰がかじったのか?

昨日ここで紹介した『フグ子』さんではもちろんありません。さすがに水槽からでてきて野菜の苗をかじる程の体力は、いくら気が強いとはいえ、無いでしょ。(^_^;

陸の生き物の仕業です。
スズメか・・・?
最近一度か二度、野菜の鉢を並べた棚の枠にとまって休んでいるのを見かけました。

ゴキブリか?
ある日の夕方、大きなゴキブリがベランダを歩いていました。このゴキかどうかわからないけど、ある日フトバジルのひと鉢を見た時、立派に大きくなって、つやつやの緑の葉っぱに取り付いてかじってました。ムカツク!

とりあえず、野菜棚の一番上に置いてみました。ここなら太陽がサンサンと当たるのでゴキブリは嫌がるし、・・・でも反面、スズメにはつつかれやすくなったなあ・・・・

一体誰だろうかじったのは?
posted by ながらん at 09:21| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

白コリの憂鬱

齧られたヒレ

写真は白コリドラスです。
拡大してご覧になるとわかりますが、背びれと尾びれを齧られています。

誰が齧ったか!????

フグ子さんであります。

アベニーパファーという名前の2センチから3センチたらずの世界最小のフグで、つい2・3日前にわが家にやって来ました。とても大人しく、そしておっとりとした温和なお嬢さんだと思っていました。ところがそれはネコを被っていただけ(魚が猫をかぶるってか!?)。段々同居人達にも慣れて来ると、なんと!他人のヒレを齧ろうとするとんでもない『クセ』が浮上し始めました。

最初の被害者が写真の白コリさんです。
彼はほんとうにのんびりとした人で、思い出したように水槽内をヒョロヒョロと泳ぎ、口で砂をほじくっては食べ物を探す以外、大抵は水槽の底の物陰でぼーんやりしています。目がロンパリぎみなのが愛嬌です。

こののんびり屋の白コリさん、フグ子さんが背後からそおーと近づいて来くるのに気付かず、いつものようにぼーっとしているといきなり『ガブっ!』ヒレを齧られたのであります。
驚いた驚いたのなんのって。ロケットのように水槽の上を下を、右に左にと大暴走!『ワシは何処?ここは誰?』みたいな!フグ子さんにしてみればほんのちょっと、挨拶代わりのイタズラらしいのですが・・・

フグ子さん、どうも人のヒレが気になる様子です。
他にコッピーやチビコリドラスにも背後からそろーっと忍び寄るのだけど、彼らは俊敏です。ささっと逃げられてしまいます。そればかりかコッピーからは逆襲かけられて大慌てで逃げることも!

結局フグ子さんのいじめの対象になりうる人はどうやら白コリさんだけのようです。

困ったフグ子さん。どうしたもんか・・・正面から見ると埴輪のようなベビーフェイスみたいで可愛いのにねえ・・・
posted by ながらん at 08:40| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。