2007年06月21日

わが家の収穫2

サラダボウル

昨日ご紹介したラディッシュを結局は引っこ抜きました。まだちょっと小さかったです。それと同じ時期に蒔いた種の苗2つも引っこ抜きました。こちらはまだ根が全然丸まっていない状態でした。

それからミニチンゲンサイも引っこ抜きました。
この株で、初代ミニチンゲンサイは全部終了しました。只今、本物サイズ・・・っていうか『ミニ』でない、普通サイズのチンゲンサイを栽培中。7月か8月には収穫したモノがご紹介できる・・・と思います。

本日のお昼にサラダにして食べようかと思いましたが、このブリキの器に入れてみるとなんだか『おしゃれ』に見えて来て、食べてしまうのは勿体ない気分になりました。なんで、中にゼオライト(保水力のある石)を培養土として、部屋の片隅のインテリアプランツにしてみました。

さあて・・・いつまでもつかな?これでどんどん成長して花が咲いたらすごいと思います。
posted by ながらん at 09:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

最初のラディッシュ?

ラディッシュその1

写真はラディッシュの最初の収穫となりそうな子です。ラディッシュはいままで数々と育てて来ましたが、次々と枯らしてしまい、ここまで育ったのはこの鉢ともう1つだけで、総計3株ほど。
発芽後、意外にひょろひょろと草丈が伸びるので、間引きの度に根元に土をかけて株を安定させる「増し土」を行なわないとすぐコケてしまいます。
植物は人間みたいにコケても直ぐに真直ぐに起きあがれません。だけど身体はコケていても気分だけは上昇思考なので、苗の成長点(先っぽの方)は太陽光線目指して垂直に伸びていきます。そして数日・・・。コケた苗は「L」字型になっているのでありました。
でもそういうのって結局十分に栄養を土から採ることができないらしく、しばらくすると哀れ!枯れます。葉っぱが黄色くなってきて、苗に元気がなくなり、しおれて枯れるのです。

苗が倒れる原因の1つは水やりです。土壌がふわふわしすぎると、ジョロの水でも土が崩れて、結果苗が倒れます。だから増し土した後は適度に根元を固めておく必要があるようです。
それか・・・根元がしっかりするまでは霧吹きで水やりする・・・。でもこれだと、鉢にたっぷり水が行き届くまで時間もかかるし、なによりポンプを握ったり離したりしている手がだるくなる。

・・・・なこんなで、サバイバルできたのが写真のラディッシュであります。思えば立派なもんだ。

この他、およそ1ヵ月遅れで蒔いたラデッシュ2号組が3鉢。このうち先代の教訓を活かして2鉢は順調に、苗が倒れる事無く育っています。
そして残る一鉢は・・・・土そのものに力がないのか、置いている場所が悪いのか(棚の一番下で日陰になりやすいところ)双葉の成長が遅く、形もなんだか悪く元気がありません。この鉢はひょっとしたら潰して、プリーツレタスの鉢に再生しようかしら・・・・・と考え中。

チンゲンサイの時も思ったけど、ラディッシュも、いやいや、野菜を育てるのって意外に難しいです。本やテレビなんかで言う程に楽では無いよ!(はあ・・・・ため息)
posted by ながらん at 08:31| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

スプラウト3種類

スプラウト

100円ショップで買って来たスプラウトセットの種を、セット備え付けの用具を使わずに、コーヒーの空き瓶の中に蒔きました。
培養土の代わりにさらし(布)を敷いて水を含ませています。

草丈10センチくらい(瓶の口から葉っぱが顔を出すくらい)になるまでは、暗い下駄箱本箱(下駄箱を本箱代わりに使ってる)の中で育てますが、それ以後は、その本箱の天板にデビューしてお日様をサンサンと浴びさせる予定です。

ご覧の通りのラインアップです。ルッコラ(右)、紫キャベツ(奥)、ブロッコリー(左から2番目)、そしてまたまたルッコラ(一番左)。全部先週の土曜日、16日に蒔いたものです。この他に更に、シソを蒔く予定です。

部屋の中にちっとした緑が加わりインテリア代りになってとってもグッドです。
posted by ながらん at 08:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

野鳥のおやつスタンド2

suparow

(ミールワームがなかなか売れないのはやっぱりスズメは食べないからかなあ・・・。)
重箱本体の麸の中でニョロニョロ蠢いているワームを見てちょっと凹む私です。
(ひょとしたら麸の中に御馳走があるのがわからないのかも・・・)
そこで大好物のご飯の横にむき出しのワームを添えてみる事に・・・(重箱の蓋の方に置きました)

30分後・・・

なんだか賑やかになったなあと思ったら、なんと!ご飯はあまり目減りしていないものの、ワームは何時の間にかすっかり無くなっていました!思った通り大好物だったのです。だけど在り処がわからなかったんです。そりゃそうだわなあ。まさか麩の中にミミズがいるなんて、自然の中で暮らしているスズメにはわからないもんねえ・・・。
しばらくそのままにしておきました。スズメは麸の中にワームが隠れている事に気付くでしょうか?

答は写真を見ての通りです。
ワーム欲しさに蓋の横の重箱本体に興味を示します。そしてくちばしで麩をかき分けて探し始めました。写真のスズメは欲張って3匹もくわえています。現場では食べず、そのままどこかに飛んでいきました。横やりの入らない、安全な場所でゆっくり味わうのでしょう。

一羽が何かみつけるとしばらくして別の一羽がやって来ます。そしてワームをみつけ、いいエサ場があることを覚えます。

大体1羽ずつ、順番に重箱本体を占領するようです。他のスズメは先客が出ていくまでベランダの手すりで待っているようです。が、中には、降りて来て大胆にも他人の食卓に侵入する者もいます。大抵は先客が「ガーガー」脅して、追い払うのですが、後に来た者が自分より身体が大きかったりするとあっさり場を譲るようです。

どれも同じスズメにみえるけど、よおーっく観察しているとそれぞれに個性があります。
最近巣立ちしたばかりの子スズメとその親スズメが一緒にやって来ます。子供は羽も生え揃い、どこから見てももう立派な若者に見えるのに、まだ親から口移しで餌を貰っています。親の方も子供にせっせと餌を運んでいます。スズメの世界にも親離れできない子供、子離れできない親がいるみたいですね。なんだか可笑しいです。

えさミミズ

さてさて、1・2時間後、すっかり重箱の中のワームは食べられてしまいました。みんなのどん欲さにはびっくりします。お陰で辺りにはワームを包んでいた麩が散らかり放題。お行儀悪いったらありゃしない!「掃除していってくれると助かるのだけど・・・・」とかなんとかブツブツいいながら箒とちり取りをもってベランダ掃除するながらでした。
posted by ながらん at 09:14| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

野鳥達のおやつ

鳥のおやつ

ツバメの子じゃじゃ丸と少しだけ一緒にすごしてからというもの、なんだか鳥を飼ってみたくなりました。だけどウチのアパートはペット禁止。ウチの中でトリが飼えないのなら、ウチの外で飼うことにすれば?・・・つまりベランダにおやつを置いて野鳥に食べてもらうことを思い付きました。どうせミールワームやすりえが余っているしね。

始めの数日間はだあーれも来ませんでした。
近くにさえ飛んで来る気配無し!無視され続け。

だけど昨日の事です。昨日はほとんど雨降りの天候。
こんな日は、トリさん達も空を飛びたく無いようです。第一エサの虫も草や葉っぱの影に隠れて出て来ないしね。つかまえ難い・・・・。だからかどうか知らないけど、閑古鳥が鳴いていたわが家のおやつスタンドは急に大賑わいになりました。

いやあ・・・トリさん達は実は見て見ない振りしていたんですね。気にしていたんですよ。こんな天気の悪い日でもきちんとご飯にありつける場所を。じっくりと安全かどうか観察していたんですね。

一羽が降りてきて、おっかなびっくりの逃げ腰でご飯をつつきます。一度つついては逃げ、また戻って来てはつついて逃げの繰り返し。それを繰り返す内、仲間がやってきて1羽が2羽、3羽に!
そしてだんだんおやつスタンドに賑やかな歓声(!?)が!

「おい、なんや旨そうなモンあるで」
「それはワシのモンや。食うな!」
「そんなケチくさいこといわんと皆で食おうやないか」
「おお、八っつあんも、源さんも、松ちゃんも、お花ちゃんもみんなおいで!」

と言っているのかどうか知りません。とにかくピーピー、ピーピーと賑わっていました。

・・・というわけで、本日はミールワームもご飯の横に添えてみました。スズメが食べるかどうかはギモンだけど、ひょっとしたら他のトリが噂を聴いてやってくるかもしれません。
ちなみに、ご飯の横のワームは蛹(さなぎ)の状態か、または直射日光で御陀仏してしまったかのモノです。生きたワームは後ろの入れ物(麸/ふすま/が入っている方)にあります。

さて、本日はどうなることか?
posted by ながらん at 09:52| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚と草とハムスターのはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。