2007年05月02日

マッサージのススメ

塗り薬

4月後半ごろから腰の状態が悪くなって、いよいよ座っているのも辛くなって来たので病院にいきました。すると軽めのギックリ腰だそうで・・・・

思い起こせば2月後半から3月アタマにかけて、手づくり製本の絵本を作ろうと、思い画用紙の箱を持ち上げたり下ろしたり。箱そのものはたったの1箱なのですが、中には新聞の片面くらいの大きさの画用紙の包みが3つ、それぞれの包みには画用紙が50枚で計150枚の紙。たかが紙、されど紙でこれが結構重いのです。その段ボール箱の上げ下げをほぼ1週間くりかえしていました。
上げ下げしている時、「このあときっと腰にくるに違い無い」とはっきり自覚するほど負担がかかっていましたが、それから数日後、案の定、きっちりと「腰痛」になりました。

・・・とはいえ、椅子から立ち上がる時ちょっと痛むくらいで、差程日常生活に支障はなかったので、ほっとけば治る!そう信じて病院にはいかず自然治癒を待っていました。
ところが!よくなるどころか、どんどん悪くなっていくばかり!特に、2度目のバドミントン教室の翌日から眠れない程痛くなりました。それでついに病院へ!

いろいろな角度からレントゲンを撮り、診察してもらいましたが、「ストレッチしてくださいね」の言葉だけで全てが終わってしまった。3350円なり!こんなんじゃよくならないよ!そしておもいついたのが「整体」とか「整骨」とかいういわゆる「マッサージ」でした。

↑の写真は軟膏です。主に肩こり用です。まあ、サロンパスの塗り薬版とでもいえばいいのかなあ?その「マッサージ」屋さんでいただきました。(私はモンのスゴイ!頑固な肩こりの持ち主です)
横にあるのは10円玉ですから、如何に小さな入れ物かわかると思います。でもこの量でもけっこう使いでがありますよ!

さて、通い始めて3日目、立ち上がる度に、フトンから起き上がる度に「イタタタタ・・・・」という程痛かった腰が、かなり」よくなっていました。凄いもんです。
私は生まれて始めて「マッサージ」を受けたので、ここがウデが良いのか悪いのか見当もつきませんが、もしこのブログを読んでらっしゃる皆さんの中に、なんとなくマッサージ屋さんは行き辛いと思っている方がいらしたら、「是非に!」とお薦めします。

病院はレントゲンを撮って、話をして、湿布薬か痛み止めの薬をくれるだけです。そんなことではいつまでたっても治らないと思います。直ぐに効果はあらわれないのが難点ですが、根気強くマッサージに通って、そこの先生の指示に従って、一緒に治す姿勢があればすぐによくなると思いますよ!
posted by ながらん at 10:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。