2007年05月07日

昔読んだ本



むかし読んだ本・・・っていってもかなり昔で、小学生の頃です。
↑の「みどりのゆび」を学校の図書館で借りて来ました。

その頃の記憶では、相当分厚くて、文字も小さくて、見開きページにぎっしり文字が詰まっていて、とても読みごたえのある本に思えました。そして実際、小学3・4年生の私は四苦八苦しながら、たくさんの日にちをかけてやっとのこと読破したのを覚えています。

それから幾星霜・・・・

先日出かけて行った近所の図書館でのことです。
企画の資料を探して児童書の棚を物色していると偶然「みどりのゆび」を見つけました。子供の頃に見た「あの」表紙のまんま今も存在しているようです。(だってアマゾンに売りにでているくらいだから絶版にはなっていないようだし・・・・)
あんまりの懐かしさで、借りて読んでみました。

小学生の頃は四苦八苦して読んだ「難しい」文章も、今読むと「やっぱり子供相手の本だなあ・・・」と思うくらい「カンタン」でした。(当たり前!)一気に読めば1日で読破できる程「でっかい字」と文章量なのだけど、それじゃあ味気ないので、「3日」かけて読みました。

よく考えてみたら「庭師」という言葉をこの本で始めて知りました。そしてあらゆる植物と話のできる「庭師」に憧れたものでした。その時の私は「庭師」とは、不思議な「力」をもった、人ではないなにか崇高な存在に思えたのですね。

でも結局「庭師(ガーディナー)」にはならずに「絵師(イラストレータ)」になったなあ・・・

只今現在、私はベランダで青梗菜やほうれん草などを育てて喜んでいます。そしてちょっとだけチト(お話の中の主人公の少年)やチトの師匠の庭師になれたような気分を味わっています。プランターの土に「みどりのゆび」の人さし指を突っ込んで、ほうれん草の種を蒔いています。

posted by ながらん at 08:41| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

今度はほうれん草

ほうれん草の新芽

今度はほうれん草の種を蒔いてみました。

全部で15・6粒蒔いたのですが、数日たって、やっと発芽したのは写真の1つだけ。他の種はどうしちゃったんでしょうね?

もうこれ以上待っても他に芽は出て来そうにないので、本日から外に出す事にします。・・・って今まで外に出してたんじゃないのか?と思われる方もいるでしょうね、たぶん。

いや、実は、家庭菜園のムック本によると、「(家の中でなくていいのだけど)種を蒔いたら、日光を遮るよう新聞紙などで蓋をして芽が出るまで置いておく」とあったのでそうしていたのですね。

う〜ん、それにしても芽が出たのがたったのひとつとは寂しい・・・・
posted by ながらん at 07:24| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

性懲りも無くまたチンゲンサイ!

ミニチンゲンサイの双葉

またミニチンゲンサイに挑戦してみました。これで3回目です。
今度はしっかりムック本を読んでの挑戦ですから、ぜったい途中で枯れさせることはない!・・・・と思います。

で・・・

今の所は順調です。いつものように双葉が元気に育っています。これから先本葉が出て、さらにもう1つ本葉が出ればしめたものだと思っています。
posted by ながらん at 11:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

マッサージのススメ

塗り薬

4月後半ごろから腰の状態が悪くなって、いよいよ座っているのも辛くなって来たので病院にいきました。すると軽めのギックリ腰だそうで・・・・

思い起こせば2月後半から3月アタマにかけて、手づくり製本の絵本を作ろうと、思い画用紙の箱を持ち上げたり下ろしたり。箱そのものはたったの1箱なのですが、中には新聞の片面くらいの大きさの画用紙の包みが3つ、それぞれの包みには画用紙が50枚で計150枚の紙。たかが紙、されど紙でこれが結構重いのです。その段ボール箱の上げ下げをほぼ1週間くりかえしていました。
上げ下げしている時、「このあときっと腰にくるに違い無い」とはっきり自覚するほど負担がかかっていましたが、それから数日後、案の定、きっちりと「腰痛」になりました。

・・・とはいえ、椅子から立ち上がる時ちょっと痛むくらいで、差程日常生活に支障はなかったので、ほっとけば治る!そう信じて病院にはいかず自然治癒を待っていました。
ところが!よくなるどころか、どんどん悪くなっていくばかり!特に、2度目のバドミントン教室の翌日から眠れない程痛くなりました。それでついに病院へ!

いろいろな角度からレントゲンを撮り、診察してもらいましたが、「ストレッチしてくださいね」の言葉だけで全てが終わってしまった。3350円なり!こんなんじゃよくならないよ!そしておもいついたのが「整体」とか「整骨」とかいういわゆる「マッサージ」でした。

↑の写真は軟膏です。主に肩こり用です。まあ、サロンパスの塗り薬版とでもいえばいいのかなあ?その「マッサージ」屋さんでいただきました。(私はモンのスゴイ!頑固な肩こりの持ち主です)
横にあるのは10円玉ですから、如何に小さな入れ物かわかると思います。でもこの量でもけっこう使いでがありますよ!

さて、通い始めて3日目、立ち上がる度に、フトンから起き上がる度に「イタタタタ・・・・」という程痛かった腰が、かなり」よくなっていました。凄いもんです。
私は生まれて始めて「マッサージ」を受けたので、ここがウデが良いのか悪いのか見当もつきませんが、もしこのブログを読んでらっしゃる皆さんの中に、なんとなくマッサージ屋さんは行き辛いと思っている方がいらしたら、「是非に!」とお薦めします。

病院はレントゲンを撮って、話をして、湿布薬か痛み止めの薬をくれるだけです。そんなことではいつまでたっても治らないと思います。直ぐに効果はあらわれないのが難点ですが、根気強くマッサージに通って、そこの先生の指示に従って、一緒に治す姿勢があればすぐによくなると思いますよ!
posted by ながらん at 10:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

若ごぼうの和紙100円ポストカードができました!

若ごぼうのポスカ

若ごぼうのポスカができました。一枚105円(税込み)です。
和紙に印刷しているので、モニターでみるより
ちょっとばかり沈んだ色合いですが、和の雰囲気たっぷりですよ。
ポスカのお買い物はながらの手づくりSHOPで!

若ごぼうはベンピに効く!?
私は特にベンピで困っているワケではありませんが、ごぼうってホント、ベンピに効くと思います。
スーパーで買って来た↑イラストの若ごぼう、早速葉っぱや茎は肉と炒め煮やみそ汁の具、根はきんぴらごぼうにして食べました。けれど買って来たひとパックには3本入っていて、しかもどれも1メートルにもなろうかというほどの丈。ほぼ一週間、毎日毎日、何らかのカタチでごぼうを食べました。
そしてある時気が付いたのですが、毎日のお通じがユルイのです。そのうちユルイのはいいのですが、回数が妙に増えました。下痢です。たぶんごぼうの所為だと思います。それが証拠に、ごぼうを食べなくなってからというもの、トイレにでかける回数が随分減りました。
ごぼうって凄いですね。ベンピでお悩みの方がいらしたら、是非お試し下さい。

posted by ながらん at 10:11| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ショップからのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。