2007年04月02日

スプラウト栽培の記録

これは昨年の10月頃に、100円ショップのダイソーで3種類の種が入ったスプラウト栽培セットを試した時のお話しです。自分のウチでスプラウトを栽培する楽しみと、収穫して試食する楽しみがたったの100円でできるなんて!と、カンゲキしたのが買った動機。
さて、うまいこと育つのでしょうか?

スプラウトセット

これが↑「スプラウトセット」です。
この中にアルファルファとピンクラディッシュとブロッコリーの種、栽培用ゼオライトそしてプラスティックトレーが入っています。
今回は付属のトレーは使わずに、手持ちの小皿を使いました。

ブロッコリーの種を蒔いた

ブロッコリーの種をまいたところです。
洗い流す水に濁りがなくなるまでゼオライトをしっかり洗うよう指示されていたのを読み忘れてしまって、中途半端に洗ったまま種まきしてしまいました。
この時点でもう失敗!
まあ、いいかっ・・・というわけで、暗い本箱(元々は下駄箱)の中にしまって成長を待つことにします。

ところで「ゼオライト」ってナニ?
早速ネットで調べてみると・・・

ゼオライトとは、火山活動で長い年月をかけて作られた鉱物で、たくさんの孔が空いています。なので湿度が高ければ水分を吸い、湿度が低ければ溜めた水分を出すという調湿作用、脱臭作用があるのだそうです。
この作用をガーデニングに活かすとどうなるか?というと、調湿作用を利用して、窒素やリン、カリウムなどを水ごと吸収、さらには余剰水も吸収してくれるので根ぐされの予防になり、結果植物を元気に保つ効果がある・・・のだそうです。
なるほど、必要なモノだったのですね。私はてっきり「土」の代わりだと思ってました。まあ、まるっきり間違いでもないですが・・・
posted by ながらん at 10:40| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。